ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が黄色くなった?ポリッシュ塗る前にまず知っておいてほしい「黄色くならない塗り方のコツ」

ネイルサロン エクラーラ

 

Q.以前に短い期間ですが、ネイルをしっかりやっていましたが、爪が少し黄色くなったように感じ、それからすっかりやめていまいました。

A.マニキュアをするときにはベースコートをまず塗ってから

 

 

エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は、ネイルをしたら爪が黄色くなってしまった、というご相談についてお答えします。

 

 

●爪が黄色くなるのは「色素沈着」が原因のことも

ネイルを落とすと爪が黄色くなるのは、マニキュアの顔料に含まれている黄色の色素のせいだといわれています。そのような色素沈着を防ぐためにはマニキュアを塗る前に「ベースコート」を塗ることが大切です。ベースコートはいわばお化粧でいうと「下地剤」のようなもの。爪をマニキュアから守ってくれると当時に爪の凹凸などをカバーしてくれる場合もあり、とても頼もしいアイテムです。り防ぐことができますよ!

 

 

●マニキュア落とす際にも一工夫

マニキュアを落とす際にもコットンを使い、できるだけ短時間で落とすように心がけましょう。除光液でマニキュアを落とす際に、顔料と爪が直接触れてしまい色素沈着を引き起こす、ということも言われています。ごしごしこするのではなく、なじませるようにふき取るのがコツです。

 

 

●まとめ

マニキュアは誰でも簡単に塗れるものですが、実は扱いにはコツがあり、それはあまり知られていません。このようなコツをつかむことで自分でもキレイに塗れるようになります。またネイルサロンでお手入れした後にネイルをすることで、仕上がりはさらに美しくなります。ぜひ機会があればネイルサロンでお手入れをしてからネイルをしてみてくださいね。

なおネイルで黄色くなった爪をキレイにお手入するネイルの方法があります。詳しくはこちらを押してください。