ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ペディキュアをしてみたいのですが、時々腰痛がするので、長時間椅子に座っていられるかわかりません。

ネイルサロン エクラーラ

Q.ペディキュアをしてみたいのですが、時々腰痛がするので、長時間椅子に座っていられるかわかりません。

A.腰に負担のかからない椅子を導入しているネイルサロンを探しましょう。

 

エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は、ペディキュアをしたいけれど、腰痛が気になる、というご相談についてお答えします。

 

●ペディキュアで大切なのが椅子

ペディキュアをしたいけれど、腰が気になる、というお問い合わせは意外に多かったりします。ペディキュアでは短くても1時間~1時間30分ほどかかりますので、その間ずっと椅子に座っていることになります。そこでペディキュアで大切なのが「腰を痛めない工夫がされているペディキュア用椅子」がそのネイルサロンに用意してあるか、ということです。

 

 

ほとんどネイルサロンで使用されているのが合皮製の椅子です。これらは掃除のしやすさや作業のしやすさに重点を置いて設計してあるものがほとんどです。腰あてなどはついていますが、腰への負担について特別な仕掛けがあるものはほとんどみかけません。もちろんそのような椅子でもいいのですが、私のお勧めは、腰の部分にクッションがあるソファタイプの椅子です。リクライニングタイプもありますが、こちらはかえって腰に負担がかかることもあり、私個人としてはソファータイプの椅子がおすすめです。

 

 

●フットレストもきちんと計算されたものがベスト

そして次に大切なのがペディキュアの際に足を乗せる台(フットレスト)です。実はこちらも作業を効率的にするために配慮がなされたものが多く、実際にはお客様の腰の負担を軽減するようなものは少ないと感じています。私個人のおすすめとしては、固定式のフットレストのあるネイルサロンがおすすめです。ソファーとフットレストの高さの組み合わせが、設計段階で計算されているからです。そのため、ペディキュア作業のしやすさなどではなく、座りやすさなどに重点が置かれているからです。

 

 

●最後に

ヨガやスパなどの普及により、年中ペディキュアをする人が増えています。年齢層も幅広く、とてもおしゃれな人が増えおり、私個人としてはとてもうれしいです。ペディキュアを単なる「足の爪に色を塗る」のではなく、「特別なお手入れをする場」として通っている女性もいらっしゃます。定期的にペディキュアを受けるのであれば、腰に負担の少ないソファーで受けることをおすすめします。もちろん、リラックス効果もありますので、リラックスしたい方や特別な時間を過ごしたい方にもお勧めです!

なお腰に優しいソファーを採用しているネイルサロンで施術を受けるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。