ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルサロンに行って、ペディキュアをしてみたいのですが、勇気がありません。ペディキュアをする際に、気まずい思いをしないためにやっておいたほうがいいことはありますか?

ネイルサロン エクラーラ

Q.ネイルサロンに行って、ペディキュアをしてみたいのですが、勇気がありません。ペディキュアをする際に、気まずい思いをしないためにやっておいたほうがいいことはありますか

A.ペディキュア行く前にひざと足の指の毛を剃っておけば、たいていのことは大丈夫です(笑)

 

 

エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は、初めてペディキュアを受ける際にやっておいたほうがいいこと、というご相談についてお答えします。

 

 

●感覚としては「美容院」と考えると気軽!

まだまだ「非日常感」が抜けないネイルサロン。一部ではセルフネイラーも増え、ネイル業界は「ネイルサロンに行く人」と「自分で爪のお手入れをする人」にはっきり分かれている感があります。とはいってもなかなか難しいのが「お手入れ系」が中心となるペディキュアです。

 

 

ただ色を塗るだけではなく、ペディキュアでは足裏削りや爪の裏のごみ取り、はたまた爪についている角質除去まで、「足し算」ではなく、ペディキュアでは技術力を要する「引き算」であるお手入れが中心となります。そこで私がよくお伝えしているのが、ネイルサロンは「美容院に行く」という感覚。日常と非日常の間ぐらいの、ちょっとワクワクする感覚でしょうか?そう考えるとペディキュアもちょっと楽しくなってきますよね。

 

 

●ペディキュアの前に足の毛を剃っておけば、ほぼ間違いなし(足の毛を伸ばす主義であれば別ですが・・・)

ペディキュアを担当するネイリストはそれほど(というか全く)気にしていないのですが、初めてペディキュアを受けるときに気まずい思いをしたくない・・・というのであれば「脛(すね)と足の指の毛を剃っておく」ことをおすすめします。

 

 

というのも、いざペディキュアをする、と足を出した時に「あ・・・」となっている方を何度か目にしたことがあるから。確かにずらっと横にお客様が並ぶようなサロンですと、ちょっとほかの方の視線が気になるかもしれません。個室タイプだったら気持ちは楽なのかもしれませんが、気まずいと言えば気まずいかもしれません。こういう「あ・・・」的な体験も含め、楽しんじゃう、というのも一つの方法ですけどね。

 

 

●最後に

ネイル業界もペディキュアは一つの主要なメニューになっていて、ペディキュア専用スクラブやクリームなど多く販売されています。中には1回施術するだけで「おおっ!」というような効果を見せてくれる逸品も見られます。そのようなペディキュアクリームはたいてい、数千円する高価なものがほとんどです。ペディキュアスクラブ、ペディキュア用クリーム、かかと用のバタークリームなど、すべてそろえると数万円になることも・・・。ですので、こういう場合にはペディキュアをサロンで受けるほうが、かえって安く済むかもしれません。

 

 

特にお手入れを専門にしているネイルサロンでは、ペディキュアの仕上がりや数日後のお肌のコンディションを重視していますので、ペディキュア用のクリームやペディキュアスクラブを高級ラインでそろえていることが多いからです。という訳で、ペディキュアは楽しいお手入れですので、是非楽しんできてくださいね!

なおネイルサロン初心者でも安心して話せるネイルサロンを選ぶという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。