ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

【ネイルトレンド】ネイルアートをする方必見!海外ネイルに学ぶ、上手なネイルアートの取り入れ方

人気記事

IMG_1258.jpg

 

今回はネイルサロンについてなんですけど、海外のネイルサロンって

どうなの?日本のネイルサロンと違うとしたら、どう違うのか、とかどんな感じでみんな行ってるのか、などなど私の見解も含めて お話しようと思ってます。

 

 

日本のネイルサロンというと、特別の日に行く、気分転換のために行く、

という方が多い印象ですね。今回は海外ではみなさん、ネイルサロンをどのように

利用しているか、日本と違う点などについてご紹介したいと思います。

 

 

今後のネイルサロンを利用する際に参考にしていただけるとウレシイです。

 

 

一方で、海外、とくに欧米に旅行などでいかれたことのある方ならご存知とは思いますが

欧米では70歳や80歳の女性の方が赤いネイルをしていたりするんですね。

実は欧米のほうが、日本よりはるかにネイルの歴史が長いのです。

 

 

では、海外、とりわけ欧米ではネイルはどのような位置づけなのでしょうか?

欧米でのネイルの位置づけは【お手入れの一環】という意味合いが強いようなんですね。

 

 

お手入れ、つまりスキンケアの位置づけなんですね。

その一環として行っていますので、自然とネイルデザインもシンプルなものを

好む方が多いようです。

 

 

ネイルアートというと、若い女性、というイメージが日本ではまだあるのではないでしょうか?

アートもピンクやお花、といったカワイイ系が中心だったりしますね。たとえば10本すべての指に色を塗る1色塗りや

爪先のみを白く塗るフレンチネイルが人気なんですよ。アートと言っても、1本だけちょっとアートをしてみたり、カラーチェンジをしたりその程度の方が多かったりするようです。

 

 

ネイルアートに関しても、メインは自分自身である、という考え方が根付いていることが多くネイルは自分を引き立たせてくれるファッションの一部であって自分自身のスタイルを崩してしまうほどのネイルアートはしない、というのが根底にあるようです。

 

 

まとめますと、海外のネイルは【お手入れの一環】というスキンケアの要素がありまたネイルは自分自身を引き立てるアイテムの一つであるという考え方が強い、ということ、そのため1色塗りやシンプルなフレンチネイルが人気である、ということが

揚げられます。

なおジェルネイルを塗らなくても指先をキレイに見せるネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。