ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

【ネイルトレンド】ジェルネイルをする前に知っておきたい、海外ネイルから見た【進化しつつあるマニキュア】その背景とは?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


こんにちは!エクラーラの山崎です。

 

今回は面白ネイル業界話、ということで、最近ネイル業界でこんな動きがあって、で、みなさんにこんないいことや面白いことがありますよ、ということを海外ネイルサロン事情やネイルメーカーのことなんかも含めて私の視点からお話しようと思ってます。

 

 

実はですね、最近感じることが特に日本というよりも、海外メーカーなんですけどジェルとポリッシュ(マニキュア)の垣根をなくそうとしているのかな、という動きがみられますね。除光液で簡単に落とせるマニキュアなんですけどジェルみたいな特性、10分で乾くとか、日常紫外線で硬化するとか1週間キレイに持つとか、そういう特性を持ったマニキュアが大手のネイルメーカーから次々と出てますね。

 

 

これはですね、私の見解なんですけどやっぱりまだまだマニキュアの需要っていうのが強い、ということなんですね。日本では3週間~1か月持つジェルネイルでアートをするのが主流なんですけど実はネイルが日本よりも盛んな欧米に行くとマニキュアがまだまだ主力menuだったりするんですね。後は2週間タイプのジェルだったり。この2週間タイプのジェルも大手から発売されてますね。

 

 

なぜ、日本と違って海外のネイルサロンでは3週間ではなくてジェルのような特性を持ったマニキュアや2週間タイプのジェルが次々と発売されているかというと、一つは【ネイルサロンを日常的にいく、という人が多い)ということが挙げられますね。お手入れの一環として、スキンケアの位置づけとして根付いている、ということ。

 

 

またもう一つ一つの理由として【同じネイルを1か月もすると、飽きてしまう】というのがあるそうです。1週間~2週間ごとに新しい色を塗る、という方が多いようです。そのため、ジェルでも落としやすいもの、2週間程度タイプのものも以下にジェルを長持ちさせるか、というよりも落としやすさに重点が置かれていたりするようです。

 

 

まとめると、

・ジェルの特性を持ったマニキュアが次々と大手ネイルメーカーから販売され、ジェルとマニキュアの垣根がどんどんなくなってきている。

・欧米ではマニキュアや2週間タイプのジェルがネイルサロンではまだまだ人気がある、ということです。

 

 

ジェルでなくても、ジェルのような特性を持ったマニキュアがでることでマニキュアも以前よりも乾く時間も短く、もちもよくなってきています。私個人としては、ジェルにはない薄付の輝きと爪を傷めない、そして自分で手軽に落とせる、などの点からマニキュアはとても使い勝手の良いアイテムの一つと思っています。

 

 

なおジェルネイルを塗らなくても指先をキレイに見せるネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。