ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

今さら聞けない!ネイル用語【サンディング】

人気記事

f:id:eclara:20161123144005p:plain

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今さら聞けないネイル用語の素朴な疑問にお答えします。

今回は「サンディング」です

 

 

サンディングとは爪の表面を軽くファイル(やすり)で削ることです。

 

最近ジェルネイルが流行っていることもあり、サンディングを経験したことがある、という方も多いのではないかと思います。

 

 

サンディングはいつするのでしょうか?ジェルやアクリルネイルを爪に塗るときがほとんどのようです。

 

 

このサンディングをすることにより、爪に小さい傷がつきます。そのためその傷にジェルやアクリルが入り込み、爪との密着をよくするといわれています。

 

 

このサンディングの話を聞くと、ジェルやアクリルがポリッシュに比べてもちがいいのが何となく納得できるきがします。

 

 

また、爪を磨いてもらったことがある、という人も同じようなを経験したことがあるのではないでしょうか?最後は目の細かいスポンジバッファーで爪表面をツヤツヤ仕上げにしますが、最初は目の粗いバッファーで爪表面を磨いていきます。

 

目の粗いバッファーで磨くのは、爪の凹凸をなくすために行います。この工程で手を抜いてしまうと、ツルツル具合が均一ではなくなってしまったりするので、大切な工程であるとも言われています。

 

とはいっても、やりすぎると、爪も薄くなりますので、ほどほどが大切です。

 

以前、ジェルをしたことがほとんどないにもかかわず、爪が薄くて困っている、というお客様がいらっしゃいました。どうやら月に数回ネイルサロンへ行って爪周りをお手入れする際に毎回、爪を磨いていらしたようです。

 

 

爪磨きをすると、見た目はとても美しく、あこがれますが、やりすぎると爪が薄くなる原因にもなります。もし続けて行う場合には、新しい爪が生えてきた部分だけ爪を磨くなどの配慮が大切です。

 

 

という訳で、サンディングの話を書かせていただきました。サンディングは簡単なように見えますが技術が必要です。ご自分でやる際には、一気にファイルをかけるのではなく、ファイルの当たり具合を見ながら、削りたい部分だけ確認しながら行うほうが、確実だと思います。

 

 

ちなみに私がやっているネイルサロンでも爪磨きのお手入やってます。

ネイルを乾かさなくても爪がツヤツヤになりますので水仕事が多い方に喜ばれてますよ。

なお爪を磨かなくても爪をキレイにする方法もあります。詳しくはこちらを押してください。