ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

今さら聞けない!ネイル用語【爪の横溝】

f:id:eclara:20161123144005p:plain

 

ネイルサロン 銀座エクラーラの山崎です。今さら聞けないネイル用語の素朴な疑問にお答えします。

今回は「爪の横溝」です

 

爪の横溝とは爪にできるくぼみです。横溝についてはいろいろ言われていますが、原因は栄養障害や爪の根元を押しすぎてしまった際にできる、というのが私の実感としては多いです。

 

 

また、体力的・精神的弱っている時や悩み事のあるとき、また妊娠中にもできるという人もいます。

 

 

横溝が1つだけできる場合には、そのお爪がまた根元にいるときに何か(栄養障害、爪の根元への刺激、精神的なもの、などなど)が起こったということです。

 

 

爪が完全に生え変わるには約6か月かかるので、逆算すると、そのころに何かあったか考えてみると、思いあたることが多かったりします。そんな時には「あの時は頑張ったなぁ、」としみじみ思い返してみてはどうでしょうか?

 

 

また、手の場合、甘皮を自分でむしってしまったり、押してしまう場合にできる場合があります。またかぶれなどで甘皮がすべてなくなってしまう場合、横溝が多数できる場合があります

 

 

逆に、足で多いのですが、爪が伸びすぎてしまっている状態でヒールの高い靴などを履いているケース。

 

 

実はヒールや先端の窮屈な靴を好んで履いている人に多いです。

 

 

爪が伸びたままヒールや先端のきつい靴を履くと、爪の先端が常に押されているような状態となります。間接的に爪の根元が押され、横溝が生えるのではないか、というのが私の見解です。

 

この場合には、爪をこまめに切るといいですよ。これってあんまり教科書とかに載っていないのですが、私が見る限り、足爪が長い&ヒールを履いている人に多いです。

 

横溝ができてしまったときにはまず原因を見つけるのが一番近道です。甘皮むしってしまうときなんかは、その習慣を辞めるとか。また合わせて爪のお手入れをするとキレイな状態をキープできます。

 

 ちなみに私のお店でも気になる爪の形をキレイに見せる爪のお手入れをしています。

 

爪の形や指先をキレイに印象付ける爪のお手入れするメニューをそろえています。詳しくはこちらを押してください。

大人向けの個室ネイルサロンであなたもネイルを楽しみませんか?