ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

今さら聞けない!ネイル用語【トップコート】

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今さら聞けないネイル用語の素朴な疑問にお答えします。

今回は「トップコート」です。

 

 

トップコートとは、マニキュアの一番最後に塗る液のことです。透明な場合がほとんどですが、ラメが入っていたりする場合もあります。トップコートを塗ることで、ツヤがでますし、マニキュアも長持ちします。

 

 

マニキュアをご自分で塗る場合、最低でも3本必要です。

 

 

一つがベースコート、2爪がマニキュア、3つめがトップコートです。トップコートはお化粧でいうところの、仕上げのフェイスパウダーのようなものです。

 

 

お化粧崩れを防いだり、お肌の見た目をよくするように、お爪のツヤを出したり、塗った色が長持ちさせる効果があります。ですので、マニキュアを塗る方は最後に必ずトップコートを縫ってくださいね!

 

 

 

また、最近ではベースコートとトップコートが兼用のものも多くあります。色なしのクリアの色を爪に塗っておきたい、などというときにはこのような兼用のものがとても便利です。なぜなら、ベースコートは爪に直接塗るものですが、ベースコートだけでは取れやすい、という弱点があるからです。

 

 

ベースコートとトップコート兼用のものを塗ることで、ベースコートとトップコートのいいとこどりができるので、とってもお得ですよ!

 

 

最後に、トップコートを塗るときのポイントをご紹介します。それは少し多めにハケに取って、できるだけ力をかけずに塗ることです。イメージはハケを爪につけずに塗るような感じです。そうすることで、ツヤツヤの美しい爪を演出できますよ。

 

 

ちなみに私がやっているネイルサロンでも仕上げのトップコート塗ってます。

爪がツヤツヤになるだけではなく、剥げてもわかりにくいと好評です。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。