ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ひびが入った爪を短くせずに直すコツ

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。

 

今日は「ひびが入った爪を短くせずに直すコツ」。

 

 

たまの休日に友達と出かけたり、遊びに行ったりする方には重要なお話です。今回のコツをつかめば、折れたり割れたりしててしまった爪が元通りになったように見え、あなたの爪と指先がさらに美しくなります。

 

 

よく一緒に遊びに行く友人から「最近、指先が色っぽい」と注目されるように・・・

「私はまだまだ頑張れる」とあなたは心が躍るような気持ちになります。

その「ひびが入った爪を短くせずに直すコツ」とは…

 

 

それは「ネイルサロンで【リペア】をお願いする」ということです。こんなことありませんか?

 

・爪にひびが入ってしまい、引っかかりやすい

・爪にひびが入ってしまったときには爪を無理やり短くしてしまう。

・折れやすい爪があり、伸ばすことができない

 

 

爪が折れてしまうと不便ですし、本当に苦労します。あまりにも色々なところにひっかけてしまうので絆創膏を貼っています、という方もいらっしゃるようです。そこでおすすめなのが、ネイルサロンで受けられる【リペア】というメニューです

 

 

たとえばひびが入ってしまった爪。ストッキングなどに引っかかってしまい、とても不便ですよね。そこでネイルサロンでリペアをおねがいしてみます。ネイルサロンでは、その割れた爪にコーティングなどしてくれます。すると割れた爪が、あたかも元通りになったような感じに・・・ストッキングなどに引っかかることがありませんので大変便利です。

 

 

以前、私の友達に【包丁で爪を切ってしまった】と相談されたことがあります。見ると左の中指の爪に切込みが入っていました。ストッキングなどに引っかかったりして、とても痛い、と悩んでいました。そこで爪専用のグルーでコーティングしてリペアをしたことがあります。その友達はコーティングしたことでひっかかることがなくなり、とても喜んでいました。

 

 

その友達曰く【ネイルサロンは派手なアートをするところだと思っていたのに、こんな技術もあったのかと、驚いた】とのこと。

 

 

実はこの技術こそネイルスクールで時間を割いて教えてくれる技術だったりします・・・ひび割れた爪をそのまま切ってしまうこともできますが修理すれば切ってしまわずに美しい指先を保つこともできるのです。

 

----------

〈マインドセット〉

私は、爪を修理し、美しい指先を保つ

----------

では今日のアクションリストです。

----------

step1.ネイルサロンに予約をします。

step2.予約する際に、【爪が割れてしまったので、リペアをしたい】旨を伝えます。

step3.ネイルサロンに行く日まで爪をひっかけないように気を付けます。

----------

 

 

ちなみに私がやっているネイルサロンでも爪だけではなく手のお手入ができるセレブネイル&ハンドエステコースがあります。

保湿クリームを使いながら丁寧にお手入していきますので皆さんに喜ばれてますよ。

興味のある方はぜひお試しくださいね。

なお爪の削り方や形を工夫して折れにくい爪にするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。