ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!ケバい指先ではないけど目立つネイル色の選び方のコツ

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。今回は「ケバい指先ではないけど、目立つネイル色の選び方」についてご紹介します。

 

●ポイントは指の色よりもちょっとだけ濃い色!

 

それは「指の色よりもちょっとだけ濃い色を選ぶ」ということです。職場ネイルですと派手な色やラメは敬遠されますよね。かといって地味な色も飽きちゃうし・・・ということでおすすめなのが【爪回りの色よりもちょっとだけ濃い色】を選ぶということです。色系統としては

・ローズ系

・ピンク系

・オレンジ系

がおすすめです。

 

 

これらの色は手全体で見たときにそれほど違和感ないですしジュエリーともよく合います。また少し位先端が剥げてしまってもそれほど目立たないのが特徴です。私の周りでも取引先の受付の方など人と会う仕事の多い方は結構このような色を使っている方、多いですよ。職場で指先を引き立たせるには存在感が程よくある色が光ります♪

 

●お店で選ぶときには爪周りの皮膚との色の相性を参考にしてみる

とはいってもこのように肌なじみにする色は、「この1本」を探し当てるととっても使い勝手がいいのですが、探すまでが結構大変だったりします。せっかく買ってきてもなんか合わなかったり、爪だけ浮いてしまったり・・・

 

 

そこでお店で失敗の少ない色の選び方をご紹介します。

----------

step1.

指を見ます。特に爪回りの色に注目します。

step2.

マニキュアのボトルを指の横に置いてみます。

step3.

指周りの皮膚の色とボトルの色を比べてみます。

----------

 

これをやってみて、あまりに皮膚との色がかけ離れているようなら、NGです。簡単な方法ですので是非試してみてくださいね!

 

 

 

 

ちなみに私がやっているネイルサロンでは爪だけではなく手のお手入ができるセレブネイル&ハンドエステコースがあります。

保湿クリームを使いながら丁寧にお手入していきますので皆さんに喜ばれてますよ。

興味のある方はぜひお試しくださいね。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。