ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

わかった!二枚爪を防いでキレイな爪にするちょっとした家事のコツ

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。

今日は「二枚爪がなかなか改善しない」というご相談にお答えします。

 

特に今回は「爪を乾燥させない方法」を中心にお話しします。

 

 

まず、爪の白い部分が表面からぽろぽろと割れたりする「二枚爪」の原因は乾燥といわれています。もちろん健康状態にも原因があったりする場合もありますが、今回は健康な人のケースについてお話しします。

 

 

二枚爪の主な原因は「爪の乾燥」といわれています。そのため二枚爪や爪が割れるのを予防するために大切なのが「爪を乾燥させない」ということです。

 

 

このようなことをお伝えすると、よく言われるのが「爪先や指先にクリームをこまめに塗っています。それでもなかなか乾燥が改善しません」という事です。

 

 

もちろん指先にクリームを塗るというのはとてもいいことなのですが、その前に大切なことが「爪を乾燥させない」という事です。それではどのようなことに気を付けたらいいでしょうか?

 

 

その解決法が「洗剤はできるだけ手に付けないようにする」という事です。

 

 

一見簡単なことのようですが、意外と難しかったりします。

 

 

例えば水仕事の際に手袋をする人は多いと思います。ではふきんなどを漂白する時によく使うハイターなどの漂白剤はどうでしょうか?ハイターなどの漂白剤はキャップに一度移してから使いますよね。何度もキャップに移し替えているうちに、キャップ自体が漂白剤まみれになっている場合があります。

 

 

結果として漂白剤を使うたびに指先に漂白剤がついてしまい、知らないうちに指先を乾燥させてしまっている場合があります。また洗濯する際の液体洗剤などの同様です。キャップに一度移して使用する際に、うっかり指先につけてしまうことがあります。

 

 

洗剤が指先についてしまうと当然指先の潤いは奪われてしまいます。また洗剤を指先につけたまま洗わないと、さらに指先の乾燥は進んでしまいます。

 

 

私はキャップ系の液体洗剤を使用する際には、できるだけ手袋をつけるようにしています。もしくは素手で使う場合には、使用する際にできるだけキャップを洗うようにしています。こうすることで次に使う際にキャップについた洗剤やハイターを触らなくて済むからです。

 

 

まとめ

・二枚爪の原因は「乾燥」が主な原因といわれています。

・先の乾燥を防ぐためにはまず「指先を乾燥させないこと」が大切。

・漂白剤など「一度キャップに移して使う洗剤」はキャップや本体に洗剤がついている場合があり、知らないうちに指先を乾燥させている場合がある。

・キャップに移して使う洗剤を使用する場合は、手袋をするか、使うたびにキャップを水ですすぐと洗剤が指につきにくい

 

 

最後に、自分でできる二枚爪の予防方法についてご紹介します。それが「爪用のクリームを塗る」ということです。「爪は死んだ細胞なので(角化)クリームを塗っても意味ない」という人もいますが、いろいろ試してみた私の経験上、爪専用のクリームはそれなりに効果があると思います。

 

 

安価なものよりは、ネイルサロンで売られているアイテムのほうがいろいろ聞けますし、無駄買いせずに済みますのでお得だと思います。もし二枚爪でお悩みでしたらぜひ一度お近くのネイルサロンで聞いてみてはどうでしょうか?

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

高級感ある個室ネイルサロンであなたもネイルをリラックスして楽しみませんか?