ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!衛生的なネイルサロンで足をお手入れする方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。

こんにちは。今回は、「足をお手入れしたいけれど、ネイルサロンが清潔か不安」というご相談にお答えします。

 

 

特に今回は「清潔感あるネイルサロンを見分ける方法」についてお話しします。

 

 

ちょっと前までは、ネイル業界でもネイルサロンの衛生については今ほど徹底してなかった気がします。使った爪やすりのゴミを軽く払って、次のお客さんに使う・・・なんて目の前で見たこともあります(笑)。

 

 

かし、今から(2015年)数年前、ネイルサロン業界全体として「衛生面をもうちょっと強化しよう」という動きが出てきていて、今では器具の消毒方法など、結構細かく決まっています。JNAの努力もあり、「あれ?」というサロンは少なくなってきたような気がします。

 

 

とはいっても、ほかの業界と同様、「衛生基準」を守るかどうかは、そのお店次第、というのが現状なのは、ネイルサロンも同じです。

でも、ネットで調べたお店が「清潔なのかなぁ。」「フットバスちゃんと洗ってるのかなぁ」と心配になることもありますよね。

 

 

こんな時はどうしたらいいでしょうか?その解決法が、ネイルサロンの店長やマネージャーが「JNA衛生管理士」の資格を持っているかどうか、という事を確認する、という事です。

 

 

 

どうしてこの資格を持っているといいのでしょうか?なぜならこの資格を持っているスタッフがいるサロンは「消毒方法をきちんと知っているスタッフがいる」という事になるからです。

  

 

ここだけの話ですが、本当はスタッフがよりも、店長さんや決定力のあるマネージャーさんが資格をもっている、衛生管理について知識がある、というほうがもちろんいいです。お店の器具の消毒方法を決めるのは、お店の管理者ですからね。

 

 

 

ちなみに、衛生管理士とは、日本ネイリスト協会(JNA)が決めたネイルサロンの衛生管理(清潔を保つためのルールみたいなもの)を習得した人に与えられる資格の名前です。例えば、「ネイルサロンはドアのついている屋内でやりましょう」とか「定期的に換気しましょう」などなど、基本的なことから書いてあります。

 

 

私ももちろん持っています。講習受け、そのあとテストもありました。内容も結構難しかったので、テストに受かって正直「ホッ」っとしましたよ。ですからネットで調べて「じゃあ、このネイルサロンに行こうかな」となったときに、お店のスタッフがこの資格を持っているかどうかが一つの目安になります。

 

 

ちなみに「フットバス」の消毒方法はかなり細かく決まっています。以前私が働いていたネイルサロンでも、フットバスの洗浄&消毒にスタッフが数人がかりで走り回っていました。

 

 

お客様の前では優雅な笑顔でも、バックヤードは手袋に消毒ですから、華やかなイメージとはかけ離れています(笑)。というわけで、今度ネイルサロンに行く際には「きっとお店の奥では今頃洗浄&消毒で走り回っているのかなぁ」と想像してみてください。ちょっと不思議な感じもしますよね。

 

なお衛生管理士のいるネイルサロンで足をキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。