ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!ラメ入りのマニキュアを楽に落として指先の乾燥を防ぐ方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。

プロのネイリストがネイルに関するお悩みについてお答えします。 

 

エクラーラの山崎です。今日は「ラメ入りのマニキュアがうまく落とせない」というおお悩みの解決法をお教えします。ラメ入りのマニキュアがうまく落とせない原因はいくつかありますが、今回は「ラメ入りマニキュアの落とし方のコツ」についてお話ししようと思います。

 

 

まず、マニキュアの中でもラメ入りは特に落ちにくいと言われています。というのも、ラメ入りマニキュアの特徴は「ラメ」です。

 

 

この「ラメ」を爪によくくっつけるために通常のマニキュアよりも粘着力を強くしていると言われています。

 

 

ラメ入りマニキュアを落とす時、思わず除光液を浸したコットンで何度も爪をこすってしまいませんか?この場合、すでにネイルが落ちている爪の部分にも除光液が当たることになります。

 

除光液は爪や爪回りを乾燥させてしまうこともあるんです。このような使い方をすると結果として爪が乾燥してしまう原因となりますのであまりおススメしません。

 

 

とはいってもラメ入りのマニキュアは落としづらく、できたら短時間でするっと落としたいですよね。除光液を使ってラメを上手に落とすにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決法は「ラメ用の除光液を使う」ということなのです。

 

 

ネイル大手メーカーなどからラメ専用の除光液が売られています。通常の除光液よりも落ちやすいので、ラメ入りマニキュアなどに使われることが多いです。

 

 

ポイントは、除光液を含ませたコットンを爪の上に置き、数秒間上からしっかり押さえ、マニキュアをふやかす、ということです。こうすることで除光液が爪の上のマニキュアにしみこみ、柔らかくなります。またこのような除光液は爪や指先の乾燥を防ぐため、保湿剤も入っています。

 

 

ですので短時間でラメ入りマニキュアを落とすことができるだけではなく、指先の乾燥も防ぐことができるのでとても心強いアイテムなのです。

 

 

ただし、ラメ用除光液は成分が強く、いくら保湿剤が入っているからといっても頻繁に使うのはおすすめしません。いくら使いやすいからといっても週に何度も使っていては爪や爪回りの皮膚は乾燥してしまうからです。

 

 

また塗ってから日数が経過したマニキュアは固くなっていくので、徐々に落としづらくなってきます。ですのでいくらラメ用の除光液を使ってみても落とせず、ついついこすってしまう場合もあるのです。せっかくラメ用除光液を買ってもうまくマニキュアを落とせなかったらちょっとがっかりですよね。

 

 

そこで私は「マニキュアを上手に落としてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これでしたらラメ用の除光液を買う必要もありませんし、マニキュアも上手に落とせるのでお得ではないでしょうか?

 

 

実はマニキュアは除光液を使う時が一番爪が乾燥したり・痛んだりすると言われています。

 

 

マニキュアを頻繁に塗りかえる、マニキュアをしていないと落ち着かないという方は敵的にネイルサロンに通ってみてはどうでしょうか?マニキュアを続けながら美しい指先を維持できると思いますよ。

 

なおラメ入りのマニキュアに頼らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。