ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

そうなんだ!塗りにくいパステル色のマニキュアをグッとキレイに仕上げる方法

ネイルサロン エクラーラ

 

エクラーラの山崎です。今日は「パステル系のマニキュアがうまく塗れない」というお悩みの解決法をお教えします。マニキュアがうまく塗れない原因はいくつかありますが、今回は「塗りやすいマニキュアの作り方」メインにお話したいと思います。

 

 

まずマニキュアは買った時と使ってからしばらく経った時では状態が変化していることをご存じでしょうか?買ったときはサラサラの状態ですので非常に塗りやすいです。従って、同じ技術でもうまく塗れるのは買ったばかりのマニキュアの時です。

 

 

そして半分ぐらい使ったあたりから、確実に塗りにくくなってきます。これはマニキュアの中の溶剤が少しずつ揮発してしまい、ドロドロとした状態になっているからなんです。

 

 

また、ドロドロしていると厚塗りになってしまい、乾かすにも時間がかかってしまうのです。ではどうしたらいいでしょうか?

 

 

 

その解決法は「薄め液でマニキュアを薄める」なのです。

 

 

具体的な方法は以下の通りです。

 

 

1.マニキュアの瓶の中に薄め液を2-3滴たらす

2.マニキュアの瓶をしっかり閉める

3.マニキュアの瓶を振る(やさしく転がすように)

(※薄め液を使用する場合には必ずマニキュアが半分以上減っていることを確認してください。入れすぎると瓶が割れるなどの被害が報告されているようです)

 

 

ポイントは薄め液を入れすぎない、ということです。入れすぎてしまうと色が薄くなるだけではなく、ツヤまで失われてしまうことがあるのです。

 

 

こうすることでドロドロになったマニキュアでもサラサラの状態になり、マニキュアが塗りやすくなるので、結果としてきれいな仕上がりになるのです。

 

 

ただしいくら薄め液を使っても、「マニキュアの塗り方をマスター」しなければ、パステル系の色をキレイに塗るのは難しいかもしれません。

 

 

というのも、ネイルを上手に仕上げるにはマニキュアなどの道具の良しあしも大切ですが、それ以上に技術的なコツも必要になってくるからです。

 

 

私も以前経験があるのですが、せっかく薄め液を買ってマニキュアを薄めても薄め過ぎてしまったり、うまく塗れなかったりしてマニキュア自体をあきらめてしまったりする場合もあるようです。

 

 

これではちょっとがっかりですよね。

 

 

そこで私は「ベージュ系やパステル系などムラになりやすいカラーをキレイに塗ってくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。薄め液や塗り方など気にせず好きな色を存分に爪に塗ることができるのでお得ではないでしょうか?

 

 

指先や爪にこだわりのある方こそ、定期的にネイルサロンに通ってお手入れすることで人とは違った美しい指先を保つことができると思います。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。