ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!ドットネイルを失敗なく可愛く仕上げる簡単な方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。

プロのネイリストがネイルに関するお悩みについてお答えします。

 

 

 

エクラーラの山崎です。今日は「ネイルアートが上手にできない」というお悩みの解決法をお教えします。ネイルアートのコツはいくつかありますが、今回は「水玉模様(ドット)を上手に描く方法」についてお話ししようと思います。

 

 

最近、大人気のネイルアート。ネイルサロンでも凝ったネイルアートが一時期流行りましたが、最近では自分で簡単に出来るネイルアートが人気です。簡単にできるネイルアート本も何冊も発売されているほどです。特に水玉模様のようになるドットネイルは人気です。水玉の色や大きさを変えるだけで色々なバリエーションが楽しめるからです。

 

 

動画投稿サイトなどで簡単に塗っているように見えますが、いざやると・・・「あ、あれ?動画みたいに簡単にできないな」ということも多かったりします(経験あり)。

 

 

特にマニキュアで水玉模様を描くには、マニキュアの量などコツがあります。またドットを落とす位置を失敗してしまうと修正が効かない、という難点もあります。

 

 

せっかく道具をそろえてネイルアートに挑戦しても明らかに「失敗作」になってはがっかりですよね。それではどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決法は「ホログラムを使う」ということなのです。

 

 

ポイントはマニキュアでドットを描く代わりにホログラムを使う、ということです。具体的には以下の通りです。

 

1.ネイルカラーを爪に2回塗る

2.トップコートを塗る

3.つまようじの先などを使ってホログラムを爪の上に乗せる

4.ホログラムをすべて載せたら、爪全体にトップコートを塗る

 

 

ホログラムを使うことで、水玉の「丸」を書く必要がなくなり、ネイルアートはぐっと簡単になります。また、ホログラムは色々な色や形がありますのでバリエーションを楽しむことができるのでとてもおススメです。

 

 

とはいっても、この方法だけではSNSなどに投稿されているような素敵なネイルアートにすることは難しいです。

 

 

というのも、ネイルアートの仕上がりで意外に大切なのが「甘皮周りの処理」だからです。いくらネイルがうまくできても「甘皮周り」や「爪周り」がガサガサだったりささくれ立っていたりしませんか?

 

 

爪周りがきれいでないと、いくらネイルアートを頑張っても「カワイイね」と言われるような素敵なネイルアートに仕上げることは難しいと言えます。

 

 

そこで私は「甘皮や爪周りのお手入れをしてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これなら甘皮回りもキレイになりますし、ささくれなどもキレイになりますのでお得ではないでしょうか?

 

 

ネイルアートをしてみてもいまいちしっくりこない、とお悩みの方こそ、一度ネイルサロンで指先だけでもお手入れしてみてはどうでしょうか?周りの人がびっくりするぐらい素敵な仕上がりのネイルアートが出来るようになると思いますよ

 

なおネイルアートをさらに引き立たせて指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。