ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

わかった!ダークカラーネイルを目立たせず楽しむ方法

 

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。

プロのネイリストがネイルに関するお悩みについてお答えします。

 

エクラーラの山崎です。今日は「濃い色のネイルを楽しみたい」というお悩みの解決法をお教えします。濃い色のネイルをすると人からじろじろ見られる、目立ちすぎてしまう、というお悩みをよく聞きます。今回は「周りの人を驚かせずにダークカラーネイルを楽しむ方法」についてお話ししようと思います。

 

 

まず、ここでいう濃い色とは、写真のような「ダークブルー」「黒」「ダークパープル」などの濃い色のことです。私の周りではあまりやっている人を見かけません)。ダークな色も実は爪に乗せると美しい指先を演出してくれることもあるんです。

 

 

私のネイルサロンでもダークカラーは人気です。人気なのが逆フレンチなどでラメと一緒に仕上げるネイルアートです。とても美しいネイルや指先にお客様も喜んでお帰りになります。

 

 

しかし数週間後、オフするときになると皆さんおっしゃるのが、「友達やママ友が目を丸くして指先をじっと見るのが耐えられない」なのだそうです。そんなわけで一度はドキワクしたダークカラーを敬遠する方も結構います。

 

 

とはいってもせっかく買ったダークカラーを捨ててしまうのはなんだかもったいない気もします。たまにはかっこよくネイルをしてみたいですよね。それでは、周りの人が目を丸くしない程度にダークカラーをほどよく楽しむにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決法は「1/3ルールを使ってみる」ということなのです。

 

 

具体的には「ダークカラーを使うときには爪の面積の1/3以下にする」ということです。この理論は私がネイルアートをしているうちに気づきました。ですので勝手に、1/3理論と命名させてもらいました。

 

 

ポイントは、いつも使っているようなベージュの目立たない色と一緒に使う、ということです。ダークカラーだけ1/3塗ってしまうと、ダークカラーの印象の強いネイルになってしまいます。そうなると「あ、黒いネイルしてる!」と言われてしまうのです。

 

 

このように目立たない色と一緒に使うことで、柔らかいイメージが加わり、周りの人が目を丸くしないようなネイルアートをすることができます。

 

 

ただし、この方法はネイルアートの技術が必要です。この写真は紺色×明るい紫を組み合わせたフレンチとなっています。実はそれだけではなく、それ以外の部分にベージュの色を塗っています。

 

 

このようなネイルアートをマニキュアでするのは楽しいですが、実は出来上がるまでに時間がかかってしまうという問題があります。

 

 

というのも、塗る時間ももちろんですが、ネイルアートは「ほかの色」「ストーン」などを加えることが多いです。具体的には「ダークカラーを使うときには爪の面積の1/3以下にする」ということです。せっかく時間をかけてネイルアートをしても乾かす時間がなくヨレてしまった・・・なんてことになったら本当にがっかりですよね。

 

 

そこで私は「ダークカラーを多数そろえている」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これでしたらめったに使わないダークカラーを買う必要もありません。それにダークカラーをワンポイントにしたネイルもできますのでお得ではないでしょうか?

 

 

いつものネイルに飽きてしまった、という方は一度ネイルサロンに行ってみてはどうでしょうか?自分でもアッと驚くような意外なデザインがあなたの指先を違った雰囲気にしてくれると思いますよ。

 

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。