ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

知らなかった!欠けたマニキュアを落とさずに美しい状態に直す方法

人気記事

ネイルサロン エクラーラ

 

マニキュアが欠けてもキレイに見える指先を作る

今日は「マニキュアの一部が欠けてしまった時の対処法がわからない」というお悩みの解決法をお教えします。

 

マニキュアを塗ってしばらくしてみると、爪の先端の部分だけ、マニキュアが欠けてしまうことがあります。原因は別の機会に説明するとして、このような場合除光液を使ってマニキュアをすべて落とす方が多いようです。

 

 

しかし、除光液には爪や爪周りの皮膚を乾燥させてしまう成分が入っていますので、爪を美しく保つためにもできたら除光液を使わないのがおすすめです。

 

 

というわけで、今回は「マニキュアを使った対処法」をメインにお話したいと思います。

 

 

先端だけ欠けてしまったマニキュアをそのままにしておくのは、人と会う約束があるときなど、ちょっと見られたくないですよね。ではどうすればよいでしょうか?

 

 

その解決法は「欠けた部分だけに色をのせる」という方法なのです。

 

 

ポイントは、全てにマニキュアを塗るのではなく、かけた部分にのみマニキュアを足すということです。

 

 

1.欠けた部分にベースコート⇒マニキュアという順番に塗っていきます。2.最後に爪全体にトップコートを塗ります。

 

 

欠けた部分をそのほかの部分の段差がなくなるよう、マニキュアの量を調節します。こうすることで、欠けた部分がわかりにくくなる効果があります。

 

 

ただし、爪の使い方がよほど粗くない場合、塗ってすぐにはがれてしまうのは実はマニキュアの塗り方のコツを抑えきれていない場合があります。

 

 

実はマニキュアは塗るときや塗る際の下準備をしっかりやらないと、長持ちさせるのは難しくすぐに先端が欠けてしまいます。

 

 

マニキュアをきちんと塗ろうとすると、ネイルの道具を一式そろえないといけないですし、実は爪に関する知識やもちのいいマニキュアの塗り方などもマスターする必要があります。

 

 

マニキュアを塗るためだけにそこまで労力や時間・お金をかけるのはちょっともったいないのです。

 

 

そこで私は「もちのいいマニキュアを塗ってくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これならネイル道具をそろえたりする必要もないですし、ネイルもキレイに仕上がりますのでお得ではないでしょうか?

 

 

私のお店ではマニキュアを塗る前の【下準備】をこれでもかというぐらいして、ネイルを塗って1週間後の甘皮周りがキレイに見えるお手入れにこだわっています。

 

甘皮周りの角質をキレイにお手入れしたり、指や手の甲をキレイに見せるお手入れするメニューをご用意しています。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。