ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

知らなかった!爪が黄色くならないマニキュア選びの方法

ネイルサロン エクラーラ

 

ネイルケアで黄色くなった爪をキレイに

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今日は「マニキュアをすると爪が黄色くなった」というお悩みの解決法をお教えします。爪が黄色くなる原因はいくつかあるのですが、今回は「マニキュアの色選びのコツ」をメインにお話したいと思います。

 

 

まず、マニキュアを塗ると黄色くなるといわれていますが原因の一つは「色素沈着」と言って、マニキュアの色が爪に移ってしまうために爪が黄色くなる場合があります。

 

 

しかし、キレイに塗られたマニキュアは美しいですし、指先に彩があるとワクワクしますよね。爪に色が移るからと言って、マニキュアを止めるのはちょっと残念です。ではどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決ほうが「黄色の顔料が少ない色を選ぶ」という方法です。

 

 

実は、マニキュアの色素沈着で多いのが「爪が黄色くなった」という話です。一方でと「爪が青くなった」「爪が黒くなった」という話はあまり聞きませんよね。なぜでしょうか?

 

 

これはマニキュアに含まれる黄色の顔料が、爪に移りやすいためといわれています。実は黄色の少ない顔料(黒や白)を爪に塗ってもほとんど爪が黄色くなることはありません。

 

 

黄色の顔料が入っている色には以下の色があります。

 

・黄色系(あたりまえですが・・・)

・ベージュ系(意外と黄色が入ってます)

・緑系(青+黄色⇒緑なので・・・)

・赤(多少入ってます)

 

と多岐にわたってますね・・・逆に黄色が少ない色には以下のものがあります。

 

・白(使いようによっては使いやすい)

・黒(黒のマニキュア、個人的には好きですが・・・)

・ラメ(ベースが透明)⇒意外と使いやすい。でも落ちにくい・・・

・透明(これが一番使いやすい)

 

 

という訳で、結局日常使いにはちょっと不向きな色が多かったりします。

 

このようにマニキュアの多くの色には黄色が入っていますが、少しでも黄色の顔料が少ない色を選びたいものです。

 

 

とはいっても、好みの色じゃないマニキュアをするのはちょっとワクワクに欠けますよね・・・

 

 

そこで私は「色素沈着防止にも気を配っている」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。実はネイルサロンのプロの技術で爪が黄色くなるのを最小限にすることができるんです。

 

 

これでしたら自分好きな色を選ぶことができますし、プロのお手入れでキレイな爪になりますのでお得ではないでしょうか?

 

 

マニキュアを定期的にしている人こそネイルサロンに定期的に通い、マニキュアを塗り替えることで人がビックリするような美しい爪を手に入れることができると思います。

 

 

私のお店ではマニキュアの仕上がりを大きく決める【爪のお手入れ】にこだわっているネイルサロンです。

 

 マニキュアがキレイに仕上がる爪のお手入れするメニューをご用意しております。

もしよければお試しください。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。