ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

そうなんだ!くすんでいる爪の色をキレイにみせる方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今日は「爪の色がくすんで見える」というお悩みの解決法をお教えします。爪の色についてはいくつか原因がありますが、ここでは「爪の表面をキレイに見せる方法」をメインにお話したいと思います。

 

 

まず、お爪は元来透明であると言われています。お爪がピンクに見えるのは、透明な爪を通して指の色(ネイルベッド)の色が透けて見えるからです。しかし、年齢とともに爪自体の水分量が減少したり、お手入れをせずに放置することで爪上に角質がたまったりして、お爪自体が白く見え、結果として「色がくすんで見える」という場合があります。

 

といっても年齢を重ねてもキレイな指先でいたいですよね。ではどうしたらいいでしょうか?

 

その解決法は「ベースコート」なのです。

 

 

ポイントは、少しピンクの色がついた透明ベースコートを選ぶ、ということです。ベースコートを塗っていますが、あまりキレイに見えません、という方もいらっしゃいます。そんな場合には少し色のついたベースコートを選ぶと、ほんのり爪に色がついて、爪はきれいな桜色になりますよ。

 

 

ただしピンクのベースコートは応急処置です。爪自体の問題が解決したわけではありません。

 

 

お爪の色がくすんで見える場合、爪の角質たまっている場合が多くあります。このような場合、角質の上にベースコートを塗ってしまうので、せっかく塗っても4,5日で剥がれてしまいます。

 

 

本来であれば10日~2週間ほど持続したいところですので、これでは除光液を頻繁に使わなければならず、かえって爪が白く変色する場合があります。

 

 

そこで私は「爪の上の角質を取ってくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これなら、爪の上の角質をしっかり取ってくれますので、爪自体が美しい色に戻りますし、ベースコートも長持ちしますのでお得ではないでしょうか?

 

 

お爪の色がくすんでいる、という方こそ月に1回でもネイルサロンに行って、お爪の上の角質をキレイにお手入れすることで、常にきれいな指先を維持することができると思いますよ。

 

 

 

というわけで今回は以上です。いつもありがとうございます!

(※爪の変色は体内部の病気が原因の場合もあります。ここでは健康な方の場合の対処法です。心配な方は医療機関にご相談くださいね)

 

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。