ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

そうだったんだ!頻発する爪の横ヒビを防ぐ方法

人気記事

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今日は「爪を自分でお手入れしていても横ヒビが入ってしまう」というお悩みの解決法をお教えします。爪が割れる原因はいくつかあるのですが「爪やすりを使った爪の削り方」をメインにお話したいと思います。

 

まず、爪というのは薄いと割れやすくなります。爪の厚みがあるとその分丈夫になり、割れにくくなります。

 

 

そして、ですので、爪やすりで爪を削るときに大切なのが「できるだけ爪表面を削らないこと」ということになります。爪表面を削ると爪が薄くなり、ちょっとした衝撃でも割れてしまうことがあるからです。

 

 

「私は爪の表面を削っていないから大丈夫」と思っているアナタ。もしあなたの爪に頻繁に横ヒビが入る場合、もしかしたらあなたは爪の表面を削っているかもしれません。

 

 

いくら知らないうちに自分の爪の表面を削っているからと言っても、爪切りで爪を切ると美しく仕上がりませんし、切りっぱなしのような爪は見ていて凹みますよね。ではどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決法は「爪両端は「端」を削っているか、確認しながら削る」という方法なのです。

 

 

実は爪が巻いていたりする場合、爪の両端を爪やすりで削っているつもりでも実は爪表面を削っている場合があるのです。

 

 

結局その部分の爪が薄くなり、結果として爪に横ヒビが入っていしまう場合もあるのです。

 

 

爪の横を削る際には必ず爪の「端」に爪やすりがきちんとあたっていることを確認しながらゆっくりと削ることが大切です。

 

 

しかし、この方法には限界があります。というのもあまりにも爪が巻いている場合や爪の周りの皮膚が厚い場合、爪の端が埋もれているケースが実は多かったりします。

 

 

せっかく爪のお手入れをするつもりで爪をキレイに整えても、実は爪を痛めていたというのはちょっと残念ですよね。爪が割れてしまうとストッキングにも引っかかりますし、また伸びてくるまでに数か月かかります。

 

 

その間欠けてしまった爪をかばいながら生活するのはとても不便です。

 

 

そこで私は「割れにくい爪の形に整えてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これなら爪を痛めないように爪を削ってもらえますし、爪の形も美しくなります。爪も割れにくくなりますのでとってもお得だと思います。

 

 

爪を自分でお手入れしている方こそ、定期的にネイルサロンに通うことで、周りの人とが明らかに差がつくぐらいの美しい指先を手に入れることができると思います。

なお爪の形を工夫して爪を割れにくくキレイに伸ばすという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。