ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!硬い足の裏をやわらかくする方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今日は「足の裏が硬くなり、乾燥して困っている」というお悩みの解決法をお教えします。足の裏が硬くなってしまう原因はいくつかあるのですが、今回は「靴を履くときに使える対処法」をメインにお話したいと思います。

 

 

まず、足のウラによくできるものとして「タコ」とか「魚の目」などがありますよね。これは女性ですと、ヒールを履いたり、あとはダンスなどの足のウラをよく使う場合にできたりします。

 

 

具体的には足の親指の付け根の部分や、中指の付け根、人によっては小指の付け根部分が硬くなりやすい部分です。

 

 

これらの部分はヒールを履く際によく靴の中で擦れたり、当たったりする部分です。

 

 

このように、足裏で硬くなる部分というのは、歩いたりするうえで「よく使う場所」でであることがわかります。つまりこういうことです。

 

 

歩く⇒足裏をよく使う⇒足裏への刺激(靴の中でこすれる、よく当たるなど)⇒よくこすれてしまう部分が硬くなる⇒ヒールだこなど

 

 

足の裏が硬くなり、さらに乾燥するとヒビ割れなどの原因にもなりますし、歩くだけで痛くなる場合もあります。

とはいっても、靴を履かないわけにはいかないですよね。ではどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決法は「ジェルタイプの靴の中敷き」なのです。

 

 

ポイントは、通常の中敷きではなく、透明なジェルタイプの中敷きということです。

 

 

確かに通常の中敷きでも悪くはないのですが、足の裏のケアに関してはジェルタイプの中敷きには劣ります。ジェルタイプの中敷きを引くことで、足裏への摩擦が減り、結果として足裏が硬くなりにくくなる、という訳です。

 

 

ただしジェルタイプの中敷きは、足裏が硬くならないための「予防」として有効です。硬くなってしまった足裏を劇的に改善するわけではありません。

 

 

硬くなってしまった足裏を自分でキレイにするには、専用のパドル(足の角質削り)や保湿クリームなどの購入する必要があります。また正しい削り方をしなければかえって足裏を乾燥させてしまうこともあり、お金も手間もかかってしまいます。

 

 

そこで私は「足裏の硬い部分をキレイにしてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これなら、専用の道具を買って自分で足裏をキレイにする必要もありませんし、ネイルも一緒にキレイにしてもらえるのでお得ではないでしょうか?

 

 

足裏の角質が気になる方こそ、定期的にネイルサロンに行って足裏をお手入れすることで、人がうらやましがるほどの美しい足を手に入れることができますよ。

 

 

というわけで今回は以上です。いつもありがとうございます!

※中敷きを敷くと靴がきつくなる場合があります。ですのでジェルタイプの中敷きを使用する場合には靴のサイズを確認しながら行ってください。

 

「爪が明らかに綺麗になった!」「爪が大きくなって指先に自信が持てる!」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質】です。詳しくはこちらを押してください。