ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪を長くのばせません。家事等をする際に邪魔になってしまうからです。家事の妨げにならない爪の切り方はあるのでしょうか?

お悩み内容
爪を長くのばせません。家事等をする際に邪魔になってしまうからです。美しい爪は長くてすらっとしていますよね。家事の妨げにならない爪の切り方はあるのでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
家事の妨げにならないために大切なのが爪の両角を削っておくことです。また爪を切る際には先端をとがらせ気味にすると爪がほっそりして見えます。ネイルベッドを伸ばす、という方法も。

 

短い爪をキレイに見せるのは難しい。定期的なネイルケアを。

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

 

爪を伸ばさずに、家事の妨げにならず、すらっとした長い爪に見える爪の切り方を知りたい、という事ですね。

 

まず最初に分かりやすく、【これは絶対家事の妨げになる!】という爪の形からご紹介します。それが

 

【スクエア】といって爪先が四角く見える爪の形です。

 

四角いので、爪の両角が家事をするたびに何かに引っかかったりします。また誰かと手をつないだりする際にも、相手に爪が当たってしまう場合もあります。

 

もちろんカッコイイ形ではあるのですが、家事の妨げになりやすい形です。

 

逆に言うと、【爪の両角をとってしまう爪の形】であれば家事の妨げにななりにくいです。

 

また【すらっと見える爪の形 】についてですが、爪を切るときに先端を若干とがらせ気味にすると縦長効果ですらっと長く見えます。

 

ネイルベッドを伸ばすと、爪を伸ばさなくても長く見える

爪が伸ばせなくても、爪がすらっと見える方法が【ネイルベッドを伸ばす】という方法です。

 

ネイルベッドとは【爪のピンクの部分】のことです。

 

この部分は大きくなったり、逆に深爪しすぎたりすると小さくなったりします。

 

ネイルベッドを伸ばすことで爪の白い部分を伸ばさなくてもお爪がすらっとして見える効果があります。

 

ネイルベッドを伸ばすには【爪を切りすぎない】ということです。できたら1ミリ以上白い部分を残して爪を切ることで、数週間から数か月後、うまくいけばネイルベッドは伸びてきます。

 

ただしネイルベッドは【指と同じ長さ】になったらそれ以上伸ばさないようにしてください。爪が折れた時に一緒に痛めてしまう事があるからです。

 

本来であれば月に1回を目安にネイルサロンでお爪や指先のお手入れしたほうが爪にはいいです。お手入れをせずネイルをしても、うまく形が整えられなかったり、ネイルがうまく塗れず、指先が汚らしくなってしまうからです。

 

また家事で指先を酷使することで指先が乾燥し、爪が割れやすくなりますので、そういう意味でも私でしたらお手入れだけでも定期的にします。 

 

私のお店ではネイルだけではなく爪のお悩みに合わせたお手入れにこだわっています。

 

短いお爪でも指先をキレイに見せるお手入れや爪の削り方を工夫するメニューをご用意しています。詳しくはこちらを押してください。