ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

深爪し続けていたのを伸ばすように気をつけ始めましたが、ピンク色の部分が少ないのが悩みです。大きな爪になりたいです。

お悩み内容
深爪し続けていたのを伸ばすように気をつけ始めましたが、ピンク色の部分が少ないのが悩みです。大きな爪になりたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
まずは深爪を改善するために爪の白い部分を残して切るようにするだけでも違います。またピンクの部分をおおきくしたい場合には、爪の両端部分を削らず残す、という方法がおススメです。

 

爪のお悩みは自分で解決するよりもネイルサロンで

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。

爪を伸ばしていても、ピンクの部分(ネイルベッド)がなかなか大きくならない、というお悩みですね。

 

深爪という事でしたので、まずは爪を切りすぎないように気を付ける、という対策があります。爪を切るときにフリーエッジ(爪先の白い部分)の部分を1~2ミリ程度残して切るのがベストです。

 

仕事柄爪が伸ばせない場合には、指より短い爪にならないよう、心がけるだけでもだいぶ違います。

 

ネイルベッドを伸ばしやすい爪の形とは?

またピンクの部分(ネイルベッド)が大きくならない、という事でもお悩みでしたが、もともとの爪の形によって、ピンクの部分が伸ばしやすい場合と伸ばしにくい場合があります。

 

爪を伸ばしたときに下に向かって(そり爪とは逆向き)伸びるような爪の場合、ピンクの部分は伸ばしやすいです。人差し指などが一般的です。

 

ピンクの部分を伸ばしたい場合には、爪の両端部分を残す、という方法があります。今はやりの先端が細長い【オーバル】にしてしまいますと爪の両端部分をすべて削ってしまいますのでネイルベッドは伸びにくいです。

 

爪を横から見た時にささくれができやすい部分の爪から先端に向かう部分(サイドと呼びますが)がまっすぐになる程度に削るのがいいと思います。

 

爪は1日0.1ミリ伸びると言われています。ですので急速に伸ばしたり、ネイルベッドを伸ばしたりするのは難しいです。気長にやってみるのがおススメです。

 

本来であれば爪は月に1回を目安にネイルサロンでお手入れしたほうがいいです。お手入れせずに爪を伸ばすことで爪が乾燥し爪が折れやすくなってしまったり、ツヤがなくなってしまうからです。

 

私でしたら月に1回ネイルサロンでお手入れして、爪の形をキレイに整えてもらいます。

 

私のお店ではネイルだけではなく爪のお悩みに合わせたお手入れにこだわっています。 爪の生え癖や形をキレイに見せるためのカウンセリング(メニューに含まれています)やお手入れメニューをご用意しています。

 

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。