ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ネイルアートをしてみたいのですが、自分に似合うかわかりません。ネイルアートは若い人だけがするものでしょうか?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
ネイルアートをしてみたいのですが、自分に似合うかわかりません。ネイルアートは若い人だけがするものでしょうか

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルアートをする際には、ベースの色選びで印象ががらっと違います。落ち着いた印象のネイルアートをしたい場合には、ベースの色を落ち着いた色にする、という方法も。また手や指のお手入れをするとお肌のトーンも上がり、ツヤも出ます。

 

流行のネイルアートがしっくりこないのは・・・

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

自分に似合うネイルアートをしてみたい、というご相談ですね。

ネイルアートは様々なパーツを爪につけますが、実は色によって印象は全く違ってきます。

 

ですので、ネイルアートをしてみたい、という場合にはベースの色を「落ち着いた色」にするとうまくいきます。

例えばピンクを選ぶのであったら、「パステルピンク」ではなく 「ベージュがかったピンク」を選ぶなど。

 

また同じ赤でも「オレンジがかった赤」よりも「ワインレッド」の方が落ち着いた印象です。

 

 

ネイルアートと一緒にしたいお手入れ

 

またネイルアートが似合わない、と感じる原因の一つは「ネイルアートと手のイメージが違いすぎる」「爪だけ若返った感じ」という事です。

 

このような場合には手や指のお手入れをしてお肌自体のトーンを明るくしたりするとしっくりきます。

 

スクラブ剤などで手や指の角質を落したり、クリームで保湿するだけでも手のイメージ違いますよ。ご参考にしてくださいね。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。