ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ささくれがひどく、困っています。ハンドクリームを塗っても改善しません

人気記事
お悩み内容
ささくれがひどく、困っています。ハンドクリームを塗っても改善しません

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ハンドクリームを塗ってもささくれが改善しない場合には、保湿クリームがお肌にいきわたっていない可能性があります。そのような場合にはネイルオイルを使うとうまくいきます。指を立て、爪裏にオイルを垂らすとオイルが流れて爪の両端にいきわたります。ペンシルタイプのネイルオイルのばあには、ささくれが気になる部分に直接ぬることで保湿できます。

 

保湿を頑張ってもささくれが改善しない時には?

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

 

ささくれは、爪周りの皮膚が乾燥することで起こります。ですので対策としてはささくれができすい爪横の部分を保湿することです。

 

しかし、爪横の皮膚の部分を保湿してもなかなか効果がでない、という時は保湿クリームが届いていない場合があります。

 

爪の両端の皮膚の部分は陥没している場合がほとんどで、その中までクリームをぬるのは難しいです。

 

このような場合には液体系のネイルオイルを使うとうまくいきます。

 

ネイルオイルを指先から爪の裏(フリーエッジの裏)にたらすということです。しばらくするとオイルが下に垂れてきて、爪の両端に行きわたります。行きわたったら爪全体にオイルを塗りこみます。

 

こうすることでささくれができやすい部分にもオイルをいきわたらせることができ、ささくれの予防にもなります。

 

テペンシルタイプのネイルオイルの使い方

今ではペンシルタイプのオイルも売られています。はけが一緒につていますので、この場合はささくれが気になる部分に塗るとうまくいきます。

 

塗った後は、しばらくは手を洗わず、そのままにしておくのがベストです。

 

オイルですと少しは肌に残りますが、クリームですと手を洗った時に流れてしまうことが多いです。

 

また、できてしまったささくれは引っ張らずに爪切りやネイルニッパーなどで根元から切ってしまうのが一般的です。しかし、すでに肌にトラブルがある場合には、様子を見て必要であれば専門機関にご相談ください。

なおささくれを予防して指先をキレイに保つという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。