ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

塗ったネイルを持たせるためにネイルサロンに行った日は家事をしない方がよいでしょうか?

お悩み内容
塗ったネイルを持たせるためにネイルサロンに行った日は家事をしない方がよいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
特に気を付けたいのがカラーリング(マニキュア)をした日です。マニキュアはお湯+外部からの刺激に弱いので、先端剥がれの原因になります。お湯を使った作業をする場合には、使い捨て手袋をする、という方法があります。こうすることで指先への負担はかなり減ります。

 

ネイルサロンでキレイにした指先をキープするには?

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

 

ネイルサロンでしてもらったネイルを持たせたい、というお悩みですね。

 

まず、ネイルサロンのメニューによって違いますが、一番気を付けたいのが「マニキュアを塗ったとき」です。

 

ジェルネイルなどの際には、ライト照射により既に硬化していますので当日お料理などをしても特に問題はありません。

 

マニキュアの場合、乾くまで注意が必要です。触ってしまうなどしてヨレてしまうとそこから水などが入り、はがれやすくなってしまうからです。

 

一度剥がれてしまうと、そこからどんどん剥がれてしまいます。

 

表面は大体2時間ほどで乾きますので2時間経過して、表面が硬くなってまではできるだけ爪を触らないようにすることが大切です。

 

 

「お湯で食器を洗う」「お風呂で髪の毛を洗う」はマニキュア剥がれの原因に

 

ネイルサロンに行った日で気を付けたいのが、「お湯を使った作業です」

 

「お湯+外部からの刺激」が加わることで、完全に乾ききっていないマニキュアがはがれてしまいます。特にはがれやすいのが先端ですので、出来たら先端を使わない、というのがベストです。

 

爪先を使わない、というのが難しい場合には、使い捨てのゴム手袋をして作業する、という方法も。

 

ゴム手袋(表面が乾いていることが前提)をしてお湯を使った作業をするだけで、爪にかかる負担はかなり減ります。

 

本来であればネイルサロンでネイルをする際には爪のお手入れを一緒にしたほうがいいです。もともとネイルサロンは【爪や指先のお手入れをするところ】です。



爪に色を塗るのはいわゆる【仕上げ】のようなもの。今ではその【仕上げ】がメインのお店ばかりになってしまいました。



私でしたら一緒に爪や指先のお手入れをします。爪に色を塗るだけですと、結局爪が伸びてくると同時に指先が汚しくなってしまうからです。



月に1回ネイルサロンで指先をキレイにお手入れすることで爪に色を塗らなくてもキレイな状態をキープできます。



私のお店ではネイルの仕上がりを大きく決める【爪のお手入れ】にこだわっているネイルサロンです。


爪が伸びてもネイルがキレイに保てる爪のお手入れメニューをご用意しております。詳しくはこちらを押してください。