ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

よく履くブーツやサンダルが臭います。どうすれば防ぐことができますか?

お悩み内容
よく履くブーツやサンダルが臭います。どうすれば防ぐことができますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ブーツやサンダルの臭いは「湿気」と「細菌」「汗や皮脂」。これらが混ざりあって、これが「臭い」の原因になっています。ですのでよく履くブーツやサンダルは2足以上用意するなどして履かない日を作り、靴の中の水分をしっかり乾かすことが大切です。靴専用の乾燥剤もオススメ

 

ブーツやサンダルの臭いを抑えるには・・・

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

よく履くブーツやサンダルの臭いが気になる、というご相談ですね。

 

よく履くサンダルやブーツなどの靴の臭いの原因は、「湿気」と「細菌」「汗や皮脂」。これらが混ざりあって、これが「臭い」の原因になっています。


つまり、「湿気」×「細菌」×「汗や皮脂」⇒ブーツやサンダルの臭いとなるわけです。

 

ですのでこの3つ連鎖を断ち切るために、お勧めなのが【靴を2足以上用意する】ということ。ここで大切なのが、ブーツやサンダルをを2日以上続けて履かないということです。

 

 

1日履いたら最低1日は休ませて乾かすことでブーツの中を乾かす、これだけも臭いはかなり抑えられます。できたら乾燥剤を入れておくのがベストです。


サンダルの場合も同様に、毎日履くとやはり湿気がたまって臭いの原因になります。サンダルは素足で履くことが多いので、皮脂や汗が直にサンダルについてしまいます。

 

出来たら履いた後はエタノールを含ませた柔らかい布などで靴の中をふき取るだけでもだいぶ違います(エタノールとの相性が悪い場合もありますので目立たないところで一度試してみてください)。

 

ブーツやサンダルを履いた時に「ひんやり」感じたことはありませんか?これは靴の中の湿気がまだ残っている状態です。

なお気になる足の匂いを改善するネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

高級感ある個室ネイルサロンであなたもネイルをリラックスして楽しみませんか?