ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

スポーツをして日に焼けてしまいました・・・・日焼けした手に似合うネイルの色ってなんですか?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
スポーツをして日に焼けてしまいました・・・・日焼けした手に似合うネイルの色ってなんですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
日焼けした肌に合う色選びのコツは【パールが入っていること】そして【明るい色(明度の高い色)を選ぶこと】です。何本か試してみるとわかりやすいです。

 

日焼けした手のネイルはネイル&ハンドケアが必要

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

日に焼けた手に合うネイルの色がわからない、というお悩みですね。

 

似合うネイルの色は人それぞれですので、実際に塗ってみないと難しい部分もあります。ここでは色の選び方を中心にご紹介していきます。

 

まず、日焼けしたお肌だと浮いてしまうのがこってりとした「肌色ベージュ系」のネイルです。確かにお肌の色と一体化したネイルは指が美しく見えますが、日焼けしてしまった場合はかえってネイルが浮いてしまいます。

 


日焼けした手になじむ質感の色が「パールの入ったネイル」です。ポイントは、パールが「ギラギラしすぎない」ものを選ぶということ。

 

 

ギラギラしたパールだと日焼けしたお肌がかえって目立ってしまいます。ちょっとだけパールが入っていて、程よいキラキラ感を出しているものがベスト。

 

明度の高い色をえらぶ

そしてもう一つ大切なのが「色の明度の高い色を選ぶ」という事。簡単に言うと「明るい色」という事なのです。

 

同じピンクでも落ち着いた暗めのピンクよりも透明感のある明るいピンク、同じ赤でもワインレッドよりも、オレンジがかった赤といった具合です。

 

実際にはネイルの色は5色以上選んで、実際に試塗りしてみてから決めるのが一般的です。ですので1本だけ買って帰るよりは、悩んだ色を何本か買って試すと違いがわかりやすいです。

 

何本か買ってみて試してみるのもいいと思いますが、ネイルサロンでご相談してみてもいいかも知れません。

 

本来でしたらネイルサロンで爪や指先をお手入れするのが一番爪のためにはいいです。どんなネイルの色を塗っても、爪の形がそろっていなかったり、甘皮周りのお手入れをしないとネイルがキレイに塗れませんし、塗ってもすぐに汚らしくなってしまうからです。

 

また日焼けした手や指もネイルサロンでお手入れすることで透明感のあるキレイな手に。ネイルを塗ってもとてもキレイに映えます。月に1回ネイルサロンでお手入れすることでキレイな状態をキープできます。

 

 

私のお店では爪やネイルはもちろんですが、手や指をキレイに見せるお肌のお手入れにこだわっています。

 

その人をキレイに見せるネイルの色を選ぶだけではなく、手や指先のお肌のトーンを明るく導くお手入れメニューをそろえています。

マニキュアだけではなく手の甲や指の節をキレイにお手入れするメニューをご用意しております。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。