ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

巻き爪で困っています。自分でできる巻き爪対策ってありますか?

お悩み内容
巻き爪で困っています。自分でできる巻き爪対策ってありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
巻き爪は悪化し、周りの皮膚が腫れている場合には、医療機関へご相談してください。また自分でできる巻き爪対策は、爪の形を【スクエアオフ(四角にして角だけ少し削る)】の形にすることです。角を削りすぎると丸みをおびて巻いてしまいますので落としすぎないのがポイント。また爪の両端が巻いてしまい皮膚に隠れている場合があります。その場合爪の両端が鋭利な形で残っていて皮膚にあたって痛いと感じる場合があります。その場合には、ネイルニッパーでその部分を切るか、皮膚を指で押し下げ、爪の角がきちんと見える状況で爪を切ると上手くいきます。

 

巻き爪になりにくい爪の形があります

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

巻き爪で困っている、というお悩みですね。

 

巻き爪はひどくなると、皮膚に食い込む場合もあります。皮膚が腫れているのであれば、ネイルサロンで対処出来ません。もしそのような場合には、医療機関にご相談することをおすすめします。

 

上記のことを踏まえて、ですが、ネイルサロンでは巻き爪を防ぐため、また爪の強度を小さくしないために爪の形は決まっています。

 

それが【四角い形】です。スクエアオフといって、爪を四角く整えた後、角を落します。

 

角は皮膚にあたっていたい場合もありますが、角を落としすぎないのが大切。落としすぎると丸みをおびてしまい、巻いてしまう場合があるからです。

 

ですので、もし爪の角を丸く落としているのであれば、スクエアオフがおススメです。

 

ネイルサロンではネイルニッパーを使って足爪を切っていきますので、一度ご相談してみてもいいと思います。

 

※爪が皮膚に食い込んで腫れている、出血・その他皮膚にトラブルが出ている場合にはネイルでは対応できません。医療機関(皮膚科)へ相談するのがいいと思います。

 

なお足爪をお手入れして足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。