ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

深爪で悩んでいます。上手に伸ばす方法を教えてください

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
深爪で悩んでいます。上手に伸ばす方法を教えてください

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
深爪で大切なことは【短く切りすぎない】という事です。本来であれば、最低でも指の長さと同じ爪の長さ、というのがベストです。ネイるサロンでは、深爪の場合、ジェルやアクリル樹脂で爪を強化する方法を行います。爪を美しく安全に伸ばしていくうえで、大切なのがそれが【爪の両端(サイド)を削りすぎないこと】です。深爪や爪が剥離している場合には、きちんと爪を伸ばすことが大切になってきます。サロンではまんべんなくピンクの部分を伸ばす場合には、爪をとがらせることはしません。できるだけ爪は丸くして、とがらせないようにするのがベストです。

 

深爪対策はネイルサロンに相談するという方法も

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

深爪のお悩みですね。

 

深爪で大切なことは【短く切りすぎない】という事です。本来であれば、最低でも指の長さと同じ爪の長さ、というのがベストです。

 

美しく見える爪の長さ、というのであれば、全体の4分の1がフリーエッジの長さ、といわれていますが、深爪の観点から言うと、指から出ている爪の長さが全体の4分の1と解釈したほうが良いです。

 

ネイルサロンでは、深爪の場合、ジェルやアクリル樹脂で爪を強化する方法を行います。特に指よりも爪が短い場合、プラスチックのつけ爪を張り付け、その上からジェルやアクリル樹脂を乗せていきます。

 

 

この方法ですと、爪をつい噛んでしまう、という場合にも爪の上にジェルやアクリル樹脂が載っていますので爪を噛まずに伸ばすことが可能です。

 

ご家庭ではこの方法はむずかしいので、爪にマニキュアを塗っておくか、市販の深爪用のグッズなどで対応することになります。

 

 

また、ついつい爪を切りすぎてしまう場合には、爪の白い部分を1ミリ~2ミリ程度残して切るという方法があります。

 

爪の両端(サイド)を残すことで爪はキレイに伸びる

爪を美しく安全に伸ばしていくうえで、私が気を付けていることがあります。それが【爪の両端(サイド)を削りすぎないこと】です。

 

というのも、爪を上手に伸ばしていくと【爪のピンクの部分】も一緒に伸びてきます。このピンクの部分を指と同じ長さぐらいに伸ばすことでそれほど爪を伸ばさなくても爪が長く見えますし、また爪を裏から支えてくれるので折れにくくなります。

 

 

また深爪や爪が剥離している場合には、結局このピンクの部分がきちんと伸びてくれえていない、というのが原因ですのできちんと爪を伸ばすことが大切になってきます。

 

サロンではまんべんなくピンクの部分を伸ばす場合には、爪をとがらせることはしません。深爪対策やピンクの部分を伸ばしたい、という場合にはできるだけ爪は丸くして、とがらせないようにするのがベストです。

 

また爪のサイドといわれている、両端の部分についても、削りすぎないようにします。

 

ご家庭では爪のサイドの調整はなかなか難しいです。ですので一度ネイルサロンでご相談してみてもいいと思います。

 

本来であれば爪の形をキレイにしたい時にはネイルサロンで定期的にお手入れするのが爪のためには一番いいです。間違った削り方をすることでかえって爪が割れやすくなることはよくあります。

 

 

爪をキレイな形に整えるというのは実はものすごく難しい施術です。ネイリストでも地道に何か月、プロになってからも何年も練習します。

 

私でしたら月に1回ネイルサロンで爪の形を整えてもらいます。整えてもらっているうちに気になる爪の形がキレイになるからです。

 

 

私のお店では気になる爪の形をキレイに見せる爪のお手入れこだわっています。

 

爪の形や指先をキレイに印象付ける爪のお手入れするメニューをそろえています。

 

 詳しくはこちらを押してください。