ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪を伸ばすとすぐに折れてしまいます。爪を折らずにきれいに伸ばす方法を教えてください。

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
爪を伸ばすとすぐに折れてしまいます。爪を折らずにきれいに伸ばす方法を教えてください。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪が折れやすい場合には、爪の形を折れにくい丸型にします。爪の形に少しだけ丸みを持たせることで爪の衝撃を「点」ではなく「面」で受け取りますので爪先への衝撃が和らぎ、爪が折れにくくなります。

 

ネイルケアで折れにくいキレイな爪を伸ばす

爪を折らずに伸ばせない、というお悩みですね。

 

爪がすぐに折れてしまう、という場合まずは爪の形をチェックしてみます。

爪の形は大きく分けると以下のような形があります。


・丸型(ラウンドなど)
・四角型(スクエア、スクエアオフ)
・三角型(オーバル・ポイント)


爪の形によっても強度が若干変わってきます。たとえば三角型ですが、この形にすると先端に力が集中するので、強度の面では弱いといえます。


逆に爪先の面積が一番多いのが「四角型」です。こちらは強度はありますが、角の部分をひっかけてしまいやすく、日常生活に不向き、という側面もあります。


爪が折れやすい」という場合には、サロンでは爪の形を折れにくい丸型にすることが多いです。

 

爪の形に少しだけ丸みを持たせることで爪の衝撃を「点」ではなく「面」で受け取りますので爪先への衝撃が和らぎ、爪への負担が少なくなります。結果として爪が折れにくくなる、という訳です。

 

四角型にすることもありますが、ジェルなどで爪が薄くなっている場合、角がしなりやすくひっかけるなどして、生活しにくい場合があるからです。

 

また折れやすい爪のみにジェルやアクリル樹脂などで補強をする場合もあります。

 

ご自宅では補強は難しいとは思いますが、折れやすい場合には爪が伸びるまで爪の先端を丸く削る、という方法が簡単で実行しやすいと思います。

 

爪やすりで爪の表面を削っている場合も

 

爪やすりで削る場合、実は爪の表面を削っていることが多かったりします。

 

特に爪の両端は爪が巻いている部分でもあり、爪やすりで整える際には爪の表面を削らないよう、注意する必要があります。

 

 

本来であれば爪は月に1回を目安にネイルサロンでお手入れしたほうが爪のためにはいいです。お手入れせずに爪を伸ばすことで爪が乾燥し爪が折れやすくなってしまうからです。

 

私でしたら月に1回ネイルサロンでお手入れして、折れにくい爪のお手入れをしたり、爪の形をキレイに整えてもらいます。

 

私のお店ではネイルだけではなく爪のお悩みに合わせたお手入れにこだわっています。

 

折れやすい爪をキレイに伸ばす爪のお手入れメニューをご用意しています。詳しくはこちらを押してください。