ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

毎年冬になると指先の角質が硬くなります。防止する方法はありますか?

【無料で読める】ネイルとエステのプロが教える「綺麗な指先・手足にする方法」

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で学ぶことに興味はありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。下記フォームでメールアドレスを今すぐ登録してください。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れやすい爪・指の関節のシワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。ご登録は今すぐ!

メールアドレス入力


お悩み内容
毎年冬になると指先の角質が硬くなります。防止する方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
特に指先が硬くなる原因として【乾燥】【新陳代謝の低下】があります。新陳代謝が低下し、指先に角質がたまりやすくなってきたところに、乾燥が加わることで指先の角質が硬くなってしまう、ということです。イルサロンでおススメしているのが【水仕事の際に手袋を着用する】という方法。また革製や合皮製の手袋もお勧めです。防寒用としてだけではなく、冬の時期の紫外線対策や乾燥対策などに重宝します。毛糸は普段用としては敗れてしまうこともありますのでできたら合皮や革製が重宝します

 

指先は乾燥しやすい場所。ネイルサロンでキレイにお手入れ。

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

「冬の寒い時期に指先が硬くなって困る、というお悩みですね。冬の時期は特に乾燥しますので、手や指先も乾燥してきます。

 

特に指先が硬くなる原因として【乾燥】【新陳代謝の低下】があります

 

新陳代謝が低下し、指先に角質がたまりやすくなってきたところに、乾燥が加わることで指先の角質が硬くなってしまう、ということです。

 

この流れを防ぐことが指先のお手入れには必要となってきます。

 

ネイルサロンでおススメしているのが【水仕事の際に手袋を着用する】という方法。個人的には水仕事だけではなく、何度も手を洗うお料理する際にも使い捨ての調理用手袋をお勧めしています。

 

 

また革製や合皮製の手袋もお勧めです。これらの手袋はほとんどは防寒用として使うことが多いのですがネイルの観点から言うということなし!というぐらい重宝します。

 

一つは、防寒用。指先は血流が滞りがちなので、指先を冷やさないことが大切です。

 

そして2つ目、紫外線予防。厚みもありますし、丈夫。冬の時期も紫外線がゼロではないですのでできるだけ浴びないようにしたいです。

 

3つ目、保湿や乾燥対策。冬の時期、外気は乾燥しますので手袋を着用することで乾燥や外部の衝撃から指先を守ってくれます。

 

 

毛糸の手袋などでもいいですが、スーパーの思い買い物袋などを持っていると穴が開いてしまうことも(経験あり)す。お勧めは防寒性もあり、丈夫な合皮や革製の手袋です。

 

セールなどで安価で手に入ることもありますので、機会があるときに普段用としてストックしておく、という方法もあります。


本来であれば指先の硬い部分はネイルサロンでお手入れするのがお肌のためには一番いいです。いくらクリームを塗ったり、指先を温めたりしても硬くカチカチに(角化)してしまった角質はなくならないからです。

 

 

私でしたら、指先が固くなって来たりささくれができてきたらネイルサロンでネイルケアを受けます。月に1回、ネイルケアを受けることでキレイで健康的な指先を維持することができます。

 

私がやっているネイルサロンでは、カチカチになってしまった角質や甘皮周りの角質をやわらかくキレイにするお手入れにこだわっています。

 

指先の硬い角質をキレイにするだけではなくネイルがキレイに映える手や指の関節をお手入れするお手入れメニューをご用意しています。詳しくはこちらを押してください。