ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

夏の時期にネイルをすると巻き爪の部分が痛みます・・・

お悩み内容
夏の時期にネイルをすると巻き爪の部分が痛みます・・・

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ネイルの種類によっては巻き爪がひどくなってしまう場合があります。特に気を付けたいのがそれが「ジェルネイル」です。実は(メーカーによるのですが)ジェルネイルは硬化する際に縮みます。巻き爪のお悩みがある場合にはジェルネイルよりもマニキュアや薄づきのジェルネイルをお勧めする場合もあります。またネイルをする際に足爪の形をきれいにととのえますが、爪の切り方によっては巻き爪を悪化させてしまうこともあります。それが【足爪の角の部分を丸く落としてしまう】場合。お風呂にないったあとなど爪が柔らかくなった時に切ると切りやすいです。一気に切るのではなく爪の橋のほうから切り込みを入れ、少しずつ切るとまっすぐきれいに切れます。

 

ネイルをすると巻き爪が痛むこともある

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

ネイルをすると巻き爪が痛む、というお悩みですね。

 

まず、ネイルと巻き爪の関係なのですが、ネイルの種類によっては巻き爪がひどくなってしまう場合があります。ですので巻き爪が気になる方は、ネイルをする場合には巻き爪を悪化させないネイルをするよう、日ごろから気を付ける必要があります。


特に気を付けたいのがそれが「ジェルネイル」です。実は(メーカーによるのですが)ジェルネイルは硬化する際に縮みます。そのため巻き爪になりやすい爪の上にジェルを塗ってから硬化するとジェルが縮むことで巻き爪が悪化する場合もあります。

 

ネイルサロンではメニューを選ぶ際に巻き爪かどうかのチェックしますので、巻き爪のお悩みがある場合にはジェルネイルよりもマニキュアや薄づきのジェルネイルをお勧めする場合もあります。

 

しかしマニキュアでも巻き爪が悪化する、とうい場合もありますので様子を見ながらネイルをすることが大切になってきます。

 

ネイルサロンによっては巻爪矯正メニューを取り入れているところもあります。ネイルサロンに行かれた際に相談するという方法もお勧めです。

 

足爪の削り方で巻き爪を予防

 

またネイルをする際に足爪の形をきれいにととのえますが、爪の切り方によっては巻き爪を悪化させてしまうこともあります。

 

それが【足爪の角の部分を丸く落としてしまう】場合。

 

サロンでは足爪の形は基本四角です。引っかかってしまう場合には角を落とすこともありますが、基本的には四角に整えます。

 

ご自宅ですとお風呂にないったあとなど爪が柔らかくなった時に切ると切りやすいです。一気に切るのではなく爪の橋のほうから切り込みを入れ、少しずつ切るとまっすぐきれいに切れます。

 

切った後引っかかって痛い部分などは爪やすりなどで軽く削っていきます。

 

爪の白い部分をすべて落としてしまいがちですが、角を落とすことで爪が巻きやすくなるからです。また足爪の長さは足の指が隠れるぐらいが目安です。

ご参考にしてくださいね。

なお爪の形や長さを調節することで足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。