ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

かかとが硬く自分でお手入したいのですが、どのようなお手入れが効果的ですか?

人気記事
お悩み内容
かかとが硬く自分でお手入したいのですが、どのようなお手入れが効果的ですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
かかとが硬い場合、角質がたまりすぎてしまっていて、クリームがしみこまない状態になっていることが多いです。ネイルサロンですと、専用パドルや角質用のマシーンで丁寧にケアしていきます。バスタブなどに足を付け、皮膚を軟かくしてから丁寧に角質の部分のみを削っていきます。ご自宅ですと、かかと角質用のパドルでお手入れする方法があります。さらに【保湿 】という方法も。実は自分でかかとを削っているけれど、一向に改善しない、という場合【保湿】をしていないことが多いです。ご自宅ではかかとにクリームを塗った後、靴下を履くだけでも違います。削る、というよりもかかとの保湿の方を重点的に行うというのが大切です。

 

かかとのケアは角質ケアと保湿

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

かかとが硬い、というお悩みですね。

 

かかとが硬い場合、角質がたまりすぎてしまっていて、クリームがしみこまない状態になっていることが多いです。

 

ネイルサロンですと、専用パドルや角質用のマシーンで丁寧にケアしていきます。バスタブなどに足を付け、皮膚を軟かくしてから丁寧に角質の部分のみを削っていきます。

 

ご自宅ですと、かかと角質用のパドルが市販されていますので、そちらを使うという方法があります。

 

実際にはかかとは皮膚がガサガサしていても、皮膚自体が薄い場合があります。その場合は角質がたまっているというよりは乾燥している場合が多いいです。

 

 

かかとを削る際は皮膚の状態を見ながら削る事が大切です。

 

ご自宅で出来るかかとのケアに【保湿 】があります。

 

実は自分でかかとを削っているけれど、一向に改善しない、という場合【保湿】をしていないことが多いです。

 

 

ネイルサロンではかかとの角質を削った後、必ず保湿をします。フット用の保湿クリームを塗って仕上げることが多いです。

 

この保湿を行わないと再度乾燥し、かかとが硬くなってしまったり、ガサガサに戻ってしまいます。

 

ご自宅ではかかとにクリームを塗った後、靴下を履くだけでも違います。

削る、というよりもかかとの保湿の方を重点的に行うというのが大切です。

なお足の裏をお手入でキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。