ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が短く伸ばそうとしてもつい切りすぎてしまいます。キレイに伸ばせる爪の伸ばし方を教えたください。

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
爪が短く伸ばそうとしてもつい切りすぎてしまいます。キレイに伸ばせる爪の伸ばし方を教えたください。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪が短い方によくあるのが「爪の白い部分(フリーエッジ)をすべて切ってしまう」という場合です。おススメの切り方は具体的には少しだけ(1ミリ~2ミリ程度)残して爪を切るようにします。(もちろん2ミリ以上残して切ってもOKです。)爪が折れるのを防ぐために爪が伸びるまでサロンでは爪の形は【丸く整える】ようにしています。もちろん四角(スクエア)でもいいですが、家事などで引っかかってしまいがちですので、丸形(ラウンド)が人気です。

 

爪を伸ばすには切るときの長さがポイント

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪が短くなかなか伸ばせない、というお悩みですね。

爪が短い方によくあるのが「爪の白い部分(フリーエッジ)をすべて切ってしまう」という場合です。

 

しかし、フリーエッジを切りすぎてしまうと、爪はどんどん短くなってしまいますので、実はネイルサロンではぎりぎりまで切る、という事はあまりないです。

 

キレイに伸ばせる方法としてサロンでおすすめするのが「フリーエッジを少しだけ残して爪を切るという方法」です。

 

具体的には少しだけ(1ミリ~2ミリ程度)残して爪を切るようにします。(もちろん2ミリ以上残して切ってもOKです。)

 

 

そしてこのときもう一つ大切な事が【爪をとがらせすぎないこと】です。

 

爪を伸ばそうと思っても爪をとがらせすぎることで爪の強度が落ち、結果として折れやすくなってしまいます。

 

キレイに爪が伸びるまでサロンでは爪の形は【丸く整える】ようにしています。もちろん四角(スクエア)でもいいですが、家事などで引っかかってしまいがちですので、丸形(ラウンド)が人気です。

 

ご自宅で爪を整える際には、長さをととのえたあと、角を落とし、爪やすりで滑らかに線をつなげていきます。この方法ですと比較的簡単に爪の形を整えることがかのうです。

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。