ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

50歳を過ぎて、爪が薄くなってきたような気がします。また子供の頃の深爪で爪が人より小さめなのが悩みです。

お悩み内容
50歳を過ぎて、爪が薄くなってきたような気がします。また子供の頃の深爪で爪が人より小さめなのが悩みです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
深爪対策として、爪を短く切り過ぎないことが大切です。

 

爪と栄養について考えてみる

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪が薄くなってきた、というお悩みですね。

 

年齢とともに爪の厚さは変わってきます。通常は爪は年齢とともに厚みを増すと言われていますが、実際に薄くなってきた、割れやすくなってきたとお悩みの方は多いようです。

 

今回は栄養について考えてみます。

爪は肌の一部ですので、お肌と同様タンパク質(厳密にはケラチン)からできています。

 

爪を強くする食事として【タンパク質】があげられます。そしてビタミン、ミネラルなども必要だといわれています。特に爪のトラブルで多い反り爪は鉄分不足、爪がもろくなるのは亜鉛が不足している場合もあります。

 

これらの食事を気を付けるほかに、薄くなってきた場合には【ベースコート】で爪を補強する、という方法があります。

 

ベースコートは1層よりも2層塗りの方が強度が増しますので気になるようでしたらおススメです。

 

深爪は爪の切り方を改善で解決することも

また深爪でお悩みとのことですね。深爪の改善方法は色々ありますが、ご自宅で一番簡単に出来るのが【爪の切り方に気を付ける】という事です。

 

深爪の場合、爪の白い部分(フリーエッジ)をすべて切ってしまう事がよくあります。

 

本来であれば爪は短くても指と同じ長さでなければ指先をサポートすることができません。

 

ですので爪を切るときに【爪の白い部分を1~2ミリ残す】ようにして切ると伸ばせるようになります。深爪が改善することで爪の面積も大きくなりますので、小さい爪のお悩みも改善すると思います。

 

なお爪の削り方を工夫することで爪を割れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。