ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

かかとが手入れしていてもどうしてもガサガサになってしまいます。 又、足の裏の魚の目が、硬くなると痛いです。何か良いお手入れ方法がありますでしょうか?

お悩み内容
かかとが手入れしていてもどうしてもガサガサになってしまいます。 又、足の裏の魚の目が、硬くなると痛いです。何か良いお手入れ方法がありますでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ご自宅でしたら、保湿クリームを塗る、というのが一番簡単にできる方だと思います。もしクリームを塗っても改善しない場合には、固くなった角質がたまってしまい、クリームが染み込んでいない可能性もあります。強い角質軟化剤が入ったクリームも市販されていますが、使いすぎると角質が割れることもありますので様子を見ながら使うのがいいと思います。またかかとの角質を削るパドルが市販されていますので、こちらで固い部分を削るという方法もおススメです。

 

足はお手入れしにくいところ。定期的なフットケアで健康的な足を保つ

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

かかとがガサガサで困っている、というお悩みですね。

 

かかとのお手入れは通常サロンであれば、専用のパドルや専用のマシーンで角化した部分を削っていきます。その後保湿クリームで保湿する、というメニューがあります。

 

ご自宅でしたら、保湿クリームを塗る、というのが一番簡単にできる方だと思います。もしクリームを塗っても改善しない場合には、固くなった角質がたまってしまい、クリームが染み込んでいない可能性もあります。

 

強い角質軟化剤が入ったクリームも市販されていますが、こちらは使いすぎると角質が割れることもありますので、かかとが柔らかくなった時点で一度ストップし様子を見ながら使うのがいいと思います。

 

またかかとの角質を削るパドルが市販されていますので、こちらで固い部分を削るという方法もおススメです。この場合、保湿をしっかりしないと、ガサガサのかかとに戻ってしまいますので、しっかり保湿クリームを塗りこみ、靴下を履いてかかとをケアしてください。

 

魚の目が痛い場合には

足の裏の魚の目が痛む、という事ですが、ネイルサロンでは硬くなった部分のみ角質を削ったり、ニッパーで処理します。

 

また専用の機械で魚の目すべてを削る、というお店のあるようです。

 

魚の目についてはひどくなると魚の目の奥が化膿していることもあるようですので、痛い場合には皮膚科などの医療機関に相談するのがおススメします。

 

皮膚が健康な場合、足のお手入れはネイルサロンでするのがお肌や爪のためには一番いいです。足は手に比べて角質がたまりやすく、とくに冬の時期などはかかとがガサガサする原因にもなるからです。

 

1か月に1回でも定期的に足のお手入れをすることでツルツルのキレイな足を保つことができます。

 

私がやっているネイルサロンでは足のお手入れ、特に角質のお手入れにこだわっています。

 

足の角質をキレイにすることで足の臭い対策をしたり足裏をキレイにする、キレイなペディキュアに仕上がるメニューをご用意しております。詳しくはこちらを押してください。