ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ささくれが出来て、それを取ろうとして傷を深くしてしまう。 ささくれが出来ないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

人気記事
お悩み内容
ささくれが出来て、それを取ろうとして傷を深くしてしまう。  ささくれが出来ないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ささくれの一番の原因は乾燥です。ですのでささくれのできやすい部分を保湿するのが一番効果的です。また出来てしまったささくれは引っ張らず、爪切りなどで切るのがベストです。取ろうとして傷を深くするのは、引っ張ってしまう事が原因と考えられます。ささくれが出来ないようにするためにネイルサロンでおススメしているのが爪の両サイド皮膚の保湿。一番のおすすめはネイルオイル。なければ普通のオイルでも代用できます。

 

ささくれは引っ張ると皮膚が傷つくことも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

ささくれのお悩みですね。

 

ささくれの一番の原因は乾燥です。

 

ですのでささくれのできやすい部分を保湿するのが一番効果的です。

 

ネイルサロンではささくれをニッパーで除去し、ネイルオイルなどで保湿をします。

 

ご自宅でも、同様にささくれは引っ張らず、爪切りなどで切るのがベストです。取ろうとして傷を深くするのは、引っ張ってしまう事が原因と考えられます。

 

根元から切らなくても引っかかる部分のみ切る、という方法もあります。ささくれができやすい部分の皮膚は巻いていますので、引っ張ると皮膚のかなり深いところまで引っ張られてしまいますので注意が必要です。

 

ささくれを予防するネイルオイルにも一工夫

ささくれが出来ないようにするためにネイルサロンでおススメしているのが爪の両サイド皮膚の保湿。

 

一番のおすすめはネイルオイル。なければ普通のオイルでも代用できます。

 

ネイルオイルを一日数回、手の平を自分の方に向け、爪の白い部分に垂らします。

こうすることで爪の両脇にもオイルがいきわたり、ささくれができやすい部分も簡単に保湿できます。

なお指先の角質を柔らかくしてキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。