ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ジェルネイルが好きなんですが、三ヶ月に一回とかジェルネイルを爪の為にお休みをするのですが、削るので自爪が薄くなり、どうしてもジェルネイルをしていない時は、ぺろんとして痛いのです。私の爪は、あわないのでしょうか。

人気記事
お悩み内容
ジェルネイルが好きなんですが、三ヶ月に一回とかジェルネイルを爪の為にお休みをするのですが、削るので自爪が薄くなり、どうしてもジェルネイルをしていない時は、ぺろんとして痛いのです。私の爪は、あわないのでしょうか。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪が薄くなってしまったためにジェルネイルをお休みする期間はおおよそ3か月以上はお休みする必要があります。

 

ジェルで薄くなった爪は乾燥して割れやすい。ネイルケアで丈夫な爪に

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

ジェルネイルで爪が薄くなってしまった、というお悩みですね。

 

爪が薄くなってしまった、という場合、どの程度爪が薄いかによって違いますが、1週間程度で取れてしまう場合には、しばらくジェルをお休みすることをおすすめしています。

 

そこでお休みする期間がどれぐらいか、という事なのですが、基本的には3か月以上はお休みする必要があります。

 

というのも、爪が完全に生え変わるのが6か月といわれています。しかし季節や年齢によって生え変わる期間も変わってきますのでもっと時間がかかる場合があります。

 

ですので1回お休みする、というのはおそらく1か月程度お休みする、という事だと思います。しかし、爪の生え変わりで言うと、1か月ですとまだ薄い爪が残っています

 

ですのでお休みするなら最低でも3か月程度お休みして爪の生え変わりを待つのをおすすめします。

ベースコートはこころづよい味方

ジェルネイルをしていないと、痛いという事ですが、ジェルネイル以外で爪を保護する方法があります。

 

それが補強剤入りのベースコートです。

補強剤入りは爪自体が強くなることはありませんが、2~3層重ね塗りすることで爪のサポートをしてくれます。

 

爪が薄くて痛い場合には、このようなベースコートを爪に塗っておきます。ベースコートは10日~2週間ぐらいは落とさずそのままにしておくのがベスト。除光液を使う事で爪が乾燥してしまうからです。

 

ジェルネイルは少しずつですが爪を薄くしてしまいます。本来であれば、薄くなった場合にはネイリストが判断し、爪に合ったお手入れをするべきなのです。

 

私だったらなんでもジェルネイルを塗って解決しようとする【ジェルネイル押し】のネイルサロンではなく、【爪のお手入れ】や【自分の爪の様子を見てくれる】ネイルサロンに行きます。

 

相談者さんの場合には、爪の様子を見てみないとわかりませんが、痛みが出るぐらい爪が薄くなるのであれば、1か月以上連続してジェルネイルをお休みする必要があります。

 

そのまま爪を伸ばすと割れてしまいますので、月に1回程度爪のお手入れをしながらキレイで丈夫な爪を伸ばしていきます。

 

私のネイルサロンではこのように【爪が痛んでしまった】という方のために【元気な爪を育てる】お手入れにこだわっています。

 

とくに、ジェルネイルで痛んだ爪を健康的な爪にお手入れするメニューをご用意しております。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。