ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

つめが薄くて弱く、のばせません。仕事柄、白いところはないようにと言われていることもあり、かなり深爪で指よりつめの方が短く、指の皮がどんどん割れたりします。キレイな指先が欲しいです。

お悩み内容
つめが薄くて弱く、のばせません。仕事柄、白いところはないようにと言われていることもあり、かなり深爪で指よりつめの方が短く、指の皮がどんどん割れたりします。キレイな指先が欲しいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ご自宅で爪を切る場合には、白い部分を1~2ミリ残して切るのがベストです。もし難しいようであれば、白い部分を1ミリ程度残し、あとは爪やすりで整えてみてはどうでしょうか?白い部分をある程度切ったら、爪やすりで優しく白い部分削り、できるだけ今ある状態を悪化させないようにする、ということが大切です。

 

爪の割れは爪の乾燥が原因。ほおっておくとさらに乾燥することも。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

深爪と指先の乾燥が気になる、というお悩みですね。

 

まず深爪についてですが、ネイルサロンでは爪の白い部分は1~2ミリ程度残して切るようにしています。もちろん白い部分をすべて切ることは可能ですが、爪と指をくっつけている部分(ハイポキウム)を傷つけてしまうこともありますので、無理やり短くすることはありません。

 

ご自宅で爪を切る場合には、白い部分を1~2ミリ残して切るのがベストです。もし難しいようであれば、白い部分を1ミリ程度残し、あとは爪やすりで整えてみてはどうでしょうか?

 

爪切りでグイッと指先を押しながらで白い部分をすべて切ってしまうのは、爪をはがしてしまう力が加わってしまいます。

 

白い部分をある程度切ったら、爪やすりで優しく白い部分削り、できるだけ今ある状態を悪化させないようにする、という工夫をすることが可能です。

 

また指先の乾燥でお悩みとのことですが、乾燥対策は手袋+保湿を合わせて行います。手袋が難しいようであれば、水仕事の際にお湯ではなく水を使うだけでも手のうるおいを守れます。

 

※爪が極端に薄い場合、服用している薬や病気、体調に原因がある場合があります。必要であれば医療機関へご相談ください。

 

本来であれば月に1回を目安にネイルサロンでお手入れしたほうが爪のためにはいいです。お手入れせずに爪を酷使すると爪が乾燥し爪が割れやすくなってしまったり、ツヤがなくなってしまうからです。

 

私でしたら月に1回ネイルサロンでお手入れして、爪の形をキレイに整えてもらいます。

 

私のお店ではネイルだけではなく爪のお悩みに合わせたお手入れにこだわっています。

 

割れやすい爪をお手入れしたり保湿やコーディングするお手入れメニューをご用意しています。詳しくはこちらを押してください。

高級感ある個室ネイルサロンであなたもネイルをリラックスして楽しみませんか?