ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪に縦線が入っています。縦線が入らない方法はありますか?

お悩み内容
爪に縦線が入っています。縦線が入らない方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の縦線の原因は年齢による変化のほかに乾燥と言われています。縦線が入らないようにする方法として、保湿対策があります。ネイルオイルやネイルクリームで爪や爪回りを保湿することで指先の保湿ができます。またこれ以上爪が乾燥することを防ぐため水仕事の際の手袋をするという方法もあります。

 

ネイルオイルで爪や爪回りを保湿する

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪の縦線が入っている、入らない方法を知りたい、というお悩みですね。

 

爪の縦線の原因は、年齢による変化と乾燥が原因といわれています。縦線が入らないようにする方法の一つとして、保湿があります。

 

ネイルサロンでおススメする方法はネイルオイルを使った保湿です。ネイルオイルやクリームで指先をこまめに保湿することで指先の乾燥を防ぐことができます。

 

またネイルサロンでおススメするのが【透明ベースコート】です。もちろんマニキュアやジェルネイルでもいいのですが、透明ベースコートは剥がれてもわかりにくいため、扱いやすくおススメすることが多いです。

 

透明ベースコートを塗ることで爪にツヤが出て爪の縦線がわかりにくくなります。

 

ご自宅でできるお手入としては、ネイルオイルやネイルクリームで爪や爪回りの保湿を行います。また水仕事の際は手袋をするなどしてこれ以上爪が乾燥しないようにすることもできます。

なお爪の形や削り方を工夫することで指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。