ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

両手の爪をギンギンにアートしている人やちょっとしたアクセントで飾りをしている人もいます。 そういう人は、どうやってお米をといでいるのでしょうか?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
両手の爪をギンギンにアートしている人やちょっとしたアクセントで飾りをしている人もいます。 そういう人は、どうやってお米をといでいるのでしょうか? 私が思いつくのが、1.お米をとぐときは爪を普通の状態に戻す 2.手のひらなどで器用にとぐ3.無洗米を使う4.道具でシャカシャカ混ぜる4.それとも、そもそも料理をしない?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
人によって違うと思いますので一概には言えません。最近日本で主流になりつつあるジェルネイルは マニキュアに比べて耐久性がありますので、お米をといでもはがれるということはありません。 しかし、人によっては調理用の手袋を使ったり、道具を使ったりしているようです。

 

ネイルをしたら料理するときはどうしてるか?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルをした際にどうやってお米をといでいるか、というご質問ですね。

 

まず、ネイルサロンでいろいろなお客様に接する機会が多い私の率直な経験から いうと、皆さんあまりこだわっていない、という事です。

 

一人暮らしでデパートでお惣菜を買ってきたリする方もいますし そもそも家事そのものをしない方もいます。仕事中心で家事はほかの方に任せたり分担している方も少なくありません。

 

ですので、それぞれの生活パターンに合わせて爪の長さを適度に長くしたり、食事の作り方を工夫しているのではないかと思います。

 

それを踏まえてですが、まず最近日本で主流になりつつあるジェルネイルは 以前主流であったマニキュアに比べて耐久性が上がっています。

 

ですのでお米をといでもすぐにはがれる、というわけではありません。ですが爪が長い場合には、お米はとぎにくいかもしれません。 

 

しかし現在、爪を長くするというネイルは以前ほど少なくなりました。 今は素の爪(地爪)の長さを生かして爪の上にネイルをする、というデザインがほとんどです。

 

ですので指先を使う作業は比較的しやすいと思います。

 

私の場合には、調理をする際には常に手袋をしています。これは調理の際の衛生面を保つのと、ネイルをキレイな状態に保つ、両方の目的からです。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。