ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の爪の横溝が気になります。どうしたらいいでしょうか?

お悩み内容
足の爪の横溝が気になります。どうしたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
足の場合、親指に横溝ができます。多くは爪が伸びたままでヒールや先端のきつい靴を履き続けることが原因です。定期的に爪を切るか、サイズの大きい靴を履くようにします。

 

足爪は靴の大きさとのバランスを見て調節を。フットケアをするという方法も

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足爪の場合、横溝ができやすいのが親指です。

 

特に女性の場合多いのが、足爪が伸びたままで、ヒール履くというケース。

 

 

ヒールのような足の先端を圧迫するような靴を履くことで、爪の根元に負担がかかり横溝ができるケースです。

 

ヒールの靴が問題というよりは、爪が伸びてきたら爪を切るか、靴のサイズを大きくするのがベスト。 ヒールそのものに罪はないと思ってます(笑)。

 

特にジェルネイルを足にする場合、少しでも持たせようと数か月も足の爪を切らずにそのままにしておく人がいます。

 

足爪が伸びてしまったまま靴を履き続けることは、サイズの合わない靴を履くようなもの。

 

歩きづらいのはもちろん、肩こりなどの原因にもなる場合もあります。

 

定期的にネイルサロンで爪を切ってもらうか、もしくはお風呂上りなど、爪が柔らかくなっている際に爪を切るようにします。

 

ジェルネイルをしている場合にはジェルネイルを落としてから爪を切ります。

 

 

ちなみに、足爪の長さは大体指の長さと同じに切ります。上から足爪を見たときに、指が隠れるぐらいの長さが目安です。

 

 

切りすぎると深爪の原因になったりしますので、少しずつ長さを見ながら調整するのがいいと思います。

 

本来でしたら足のお手入れはネイルサロンでするのがお肌や爪のためには一番いいです。足は手に比べて角質がたまりやすく、それが臭いの原因となるケースが多いからです。

 

1か月に1回でも定期的に足のお手入れをすることで臭いの気にならない足を保つことができます。

 

私がやっているネイルサロンでは足のお手入れ、特に角質のお手入れにこだわっています。

 

足爪角質をキレイにすることで足の臭い対策をするメニューをご用意しております。詳しくはこちらを押してください。