ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

両手の人差し指と中指の爪を挟んだ両脇部分が、カチカチになっていていくらクリームを塗っても治りません。

お悩み内容

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
指先の硬い角質部分を爪やすりで削るという方法があります。

 

硬い角質にクリームを塗っても

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

指先の皮膚が硬くなってしまったというお悩みですね。

 

指先は血流が滞りやすい場所。そこに冷えなどが加わると新陳代謝が極端に落ち、角質がたまっていきます。さらに指先が乾燥することで指先の皮膚は固くなっていきます。

 

 

カチカチになった指先にいくらクリームを塗っても角化(硬くなってしまった)した皮膚にはしみこまず、なかなか指先が柔らかくならないんです。

 

ではどうしたらいいか?

 

簡単に言えば「この角化してしまった部分をとってしまう」ことなんです。

 

 

ネイルサロンではお湯やクリームにつけて角質をやわらかくしてからニッパーで固い部分をとっていきます。

 

その部分に再度クリームを塗って保湿。これだけで指先はかなり柔らかくなります。

 

 

「じゃあ、さっそくやってみよう !」と思ったアナタ。ちょっとまってください。

 

 

これをご自宅でやろうとするのは難しいです。

 

いきなりやると角化していない柔らかい皮膚までごっそり取ってしまう事が多く「かえって皮膚が硬くなってしまった」という原因に。

 

 

本当はネイルサロンで取ってもらうのが一番いいんですけど・・・応急処置的な方法としては、ネイル用のやすりで硬くなった部分を優しく削る、という方法です。

 

固い部分のみやすりを当ててお手入していきます。角質を削った後はクリームを塗って保湿します。

なお硬い指先を柔らかく見た目もキレイにする方法もあります。詳しくはこちらを押してください。