ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

毎年寒い時期になると、指先がひび割れてがさがさで、ストッキングもすぐ伝線してしまいます。ハンドクリームをつけたり、手袋をして寝たりしてみましたがあまり効果がないです。

人気記事
お悩み内容
毎年寒い時期になると、指先がひび割れてがさがさで、ストッキングもすぐ伝線してしまいます。ハンドクリームをつけたり、手袋をして寝たりしてみましたがあまり効果がないです。手荒れ対策に何かいい方法、また良いハンドクリームなどありましたら教えてください。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
指先が割れてしまっている場合には、まずお肌のトラブルを治すことが大切です。

 

指先が割れてしまっている時には

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

指先がひび割れてガサガサになってしまう、というお悩みですね。

 

指先の皮膚が割れてしまう前に「指先の皮膚が硬くなる」という問題を解決する必要があります。

 

それはなぜかというと、指先が割れてしまうにはこんな原因があるからなんです。

 

指先はもともと冷えやすい⇒血流が滞りやすい⇒新陳代謝が悪く、角質がたまりやすい⇒寒くなる⇒さらに角質がたまる⇒水仕事等による乾燥⇒蓄積した角質が割れる。

 

 

となっています。

 

ですので、この部分に「クリーム」を塗っても、厚くなった角質にいきわたりにくく根本的な解決にはならないことがわかりますね。

 

ではどうしたらいいかというと、まずは「割れてしまった部分を治す」という事。

 

 

まずはこれに付きます。というのも「トラブルを起こしているお肌ケア」と「通常スキンケア」とは違うからです。

 

 

割れてしまった部分からは雑菌も入りますし、第一痛いですよね。

 

ですので、薬局・皮膚科などでひび割れ用のアイテムを購入し、まずは指先の傷を治すのが大切です。

 

その間は水仕事の際にてぶくろをして出来るだけ指先がこれ以上乾燥しないようにします。

なお硬くなった指先の角質をお手入して指先をキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。