ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

冬の時期になると、ササクレにも悩まされています。ささくれの対策と予防策を知りたいです。

お悩み内容
冬の時期になると、ササクレにも悩まされています。ささくれの対策と予防策を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
出来てしまったささくれは「切ってしまう」のがベスト。またささくれが出来ないように保湿をするのも大切です。

 

ささくれ対策で一番やってはいけないこととは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ささくれのお悩みですね。

 

まずはささくれの対策ですが、出来てしまったささくれは切ってしまう、というのが一番です。

 

切る、というのは具体的には「引っかかった部分だけを切り取る」ということ。

 

 

これは爪切りで切るとやりやすいですよ。

 

逆に一番やってはいけないのが「引っ張る」という行為。

 

 

実はささくれができやすい爪の両端というのは、皮膚が巻いている部分。

 

ですので出てきたささくれをうっかり引っ張ってしまうと、皮膚の奥の方まで引っ張られてしまい、痛い思いをすることも(経験あり)。

 

またささくれの予防ですが、これは「保湿」がおススメです。一番いいのが「オイル」です。

 

 

ネイルオイルでもいいですが、普通のオイルでもOK。

 

ハンドクリームだとささくれができる爪の両端の部分に行きわたらないので、液体タイプのオイルがおススメです。

なおささくれが気になる指や爪を角質ケアでキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。