ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

飲食店で洗い物のバイトをしています。指先の皮がめくれる位に手が荒れています。ゴム手袋もしてますが手荒れが治りません。

人気記事
お悩み内容
飲食店で洗い物のバイトをしています。指先の皮がめくれる位に手が荒れています。ゴム手袋もしてますが手荒れが治りません。何か良い対策はあるのでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ゴム手袋が原因でカブレる場合があります。この場合には、インナー手袋をしたりゴム手袋の材質を変えることで改善します。

 

ゴム手袋でかえって手荒れすることもある。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ゴム手袋をしても手荒れが治らない、というご相談ですね。

 

ゴム手袋は手荒れ防止にとても役立ちます。

 

水仕事をする際に使う洗剤やお湯が指先の潤いまでの一緒に流してしまうのを防いでくれるからです。

 

しかしゴム手袋をしていても「荒れる」という場合があります。

 

それが「ゴム手袋の材質が肌に合わない」場合。

 

よく言う「アレルギー」です。

 

この場合にはゴム手袋が肌荒れの原因になってしまうのです。

 

この場合にはゴム手袋を変えてみる、というのも一つの手。

 

またコットンの手袋をしてその上からゴム手袋をすると直接肌にゴム手袋をが触れることなく作業できます。この方法で【荒れなくなった】という人も。

 

ただしこの方法は「コットン手袋が水に濡れないようにする」というのが大切です。

 

私の経験上、ゴム手袋の中に水が入り、コットン手袋が塗れてしまうとやはり手荒れしてしまいます。

 

この場合には、ゴム手袋が塗れないように手袋の口を輪ゴムで留めるなど、工夫する必要があります。

 


健康なお肌であれば、月に1回を目安にネイルサロンでお手入れしたほうが爪やお肌のためにはいいです。お手入れせずに爪を伸ばすことで爪が乾燥し爪が折れやすくなってしまったり、手の乾燥が進み角質が硬くなってしまったりするからです。


私でしたら月に1回ネイルサロンでお手入れして、お肌の集中ケアをします

 

私のお店ではネイルだけではなく手や指のお肌のお手入れにこだわっています。

 

お肌の集中保湿や乾燥を予防するハンドケアメニューをご用意しております。

もしよければお試しください。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。