ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

以前から深爪気味で爪の形がきれいではなく、そのため爪を伸ばしてきました。 しかし爪と皮膚の接着面が降下したり、爪が割れたり・・・なかなかうまく行きません。

お悩み内容
以前から深爪気味で爪の形がきれいではなく、そのため爪を伸ばしてきました。 しかし爪と皮膚の接着面が降下したり、爪が割れたり・・・なかなかうまく行きません。結局深爪を繰り返しています。きれいな爪に近付くためにはどうしたら良いでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪が割れやすい場合にはネイルオイルで保湿する方法があります。また爪と皮膚の接着面を爪先まで上げるには爪の削り方を工夫するとうまくいきます。

 

深爪を改善してキレイな指先にするには?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

深爪についてのご相談ですね。爪と皮膚の接着面がなかなか爪先まで上がってこない、というお悩みですね。

 

爪が割れてしまうことについては保湿がおススメです。まずはネイルオイルを爪に塗っていただき、爪を保湿することで割れにくい爪になります。

 

爪と皮膚の接着面を爪先まで上げるには2つのポイントがあります。

 

その1.爪の白い部分を残して切ること(爪の白い部分をすべて切らないこと)

 

その2.爪の形を尖らせないこと。

 

この2つです。

 

1はよく知られていますが、実は2についてあまり知られていません。

 

もっと専門的に言うと「爪のサイドを残しておく」ということなんです。

 

実は爪と皮膚をくっつけるために、爪の両端の部分(ささくれができる部分)を削らずに残しておく、というのがコツ。

 

この部分を削ってしまうと爪が割れやすくなりますし(衝撃に弱くなる)、爪と皮膚の接着面もうまく爪先に上がってこないんです。

 

ですので爪の形を整える際位はその部分を残す形で削るといいですよ。

 なお深爪が気になる指先を爪の形を変えることでキレイにするという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。