ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

細長の爪にあこがれていて、現在爪を伸ばしています。伸ばしていても白い部分がひたすら多くなり上向き加減に伸びていきます。

お悩み内容
細長の爪にあこがれていて、現在爪を伸ばしています。伸ばしていても白い部分がひたすら多くなり上向き加減に伸びていきます。今の爪はとても丸いです…きれいなたて爪に近付くためにはどうしたら良いでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
スプーンネイルの場合、体調が原因の場合があります。また爪の両端を削りすぎることで爪が上向きになることがあります。

 

意外に多い??そり爪のお悩み目

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪の形についてのご相談ですね。白い部分が上向きになる、ということでお悩みですね。

 

実際に拝見していないので、相談者さんからいただいている内容からお答えします。

 

まずスプーンネイルというものがあります。これはスプーンのように爪先が上に向かって伸びていて、中央部分がへこんでいる爪のことを指します。

 

これは身体に原因がある(鉄分不足など)といわれています。

 

この場合にはネイルサロンで解決することは難しいです。専門の医療機関へご相談するのがベストです。

 

 

一方で、爪の白い部分が上に向かって反りあがっている、というケースがあります。

 

 

私の経験上、こういう方の多くは「爪を尖らせている」ケースが多いです。対策として、まずは爪の形を丸くする、というのがおススメです。

 

爪の両端(サイド)を削りすぎることで爪がそってしまうことがあるからです。

 

ネイルサロンによっては「そり爪矯正」のようなメニューがあるので、本当に困っているのであればそのようなメニューを受けてみるという方法もあります。

 

 

もう一つは「ベースコートを塗っておく」という方法です。

 

これも私自身の経験なんですけどこれは「巻き爪」の発想なんです。

 

巻き爪というか、陥入爪(爪が皮膚に食い込んで痛い症状)の人は、ジェルはもちろん、マニキュアを塗っても痛む場合があります。

 

これはネイル自体が液体から固まって個体になるときに収縮するんですね。縮むんです。そのためベースコートを薄く塗っただけでも痛むことがあるぐらいなんです。

 

ですのでそり爪が気になる、という方は逆にベースコートを塗ったりして内側に向かって負荷をかけてみる、という方法があります。

 

先ほどお話しした「爪の両サイドを切りすぎない」という方法と一緒にやってみるとさらに効果が期待できます。

 なおそり爪が気になる指先を爪の削り方を工夫することでキレイに見せるという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。

高級感ある個室ネイルサロンであなたもネイルをリラックスして楽しみませんか?