ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

最近気づいたのですが、爪が伸びて出来る白い部分の真下に爪の形と同じアーチ型の肉のようなものが伸びてきたのですが、これって何でしょうか?

お悩み内容
最近気づいたのですが、爪が伸びて出来る白い部分の真下に爪の形と同じアーチ型の肉のようなものが伸びてきたのですが、これって何でしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
相談者さんの内容から「ハイポにキウム」であると思われます。

 

爪の裏側に張り付く皮膚とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

爪についてのお悩みですね。

 

爪の真下にできる「アーチ形」の肉、ということですが、具体的に拝見していないので相談者さんからいただいた内容からするに、「ハイポにキウム」ではないかと思われます。

 

略してハイポ。ネイリストの間ではそう呼ばれています。

 

日本語では「爪下皮」といって、爪の下の皮膚。皮膚の一部なんです。

 

ですので、爪切りで切ると当然ですが痛いです。

 

ですのでこのハイポが見える場合には、その部分を避けて爪を切ります。

 

このハイポ、爪の中に細菌が入るのをふせぐ、という大切な役割を担っています。

 

ネイル好きの間では「ハイポが伸びると爪が縦長でキレイに見える~」と言う人もいます。

 

もちろんこれは本当なんですけど、伸ばしすぎには注意です。というのも爪と一緒にハイポが伸びすぎてしまうと、爪が割れたときに一緒にハイポを傷つけてしまうことがあるからです・・・考えただけでも恐ろしい・・・

 

伸びすぎてしまった場合には、ハイポの根元にある指先の皮膚を軽く押してあげるといいですよ。この部分を刺激することでハイポの伸びすぎを防げます。

なおなお伸びてしまった爪の形を整えてキレイに見せる、という方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。